弘前大学

【報道発表】海洋酸性化に耐性を持つサンゴの存在を明らかにすることに成功

 弘前大学理工学研究科 地球環境防災学科 野尻 幸宏 教授が行っている共同研究の成果が、国際誌に掲載されました。

 沖縄工業高等専門学校・生物資源工学科の井口 亮助教をはじめとする研究グループは、琉球大学、沖縄県環境科学センター、弘前大学との共同研究で、海洋生態系に深刻な影響を及ぼすとされる海洋酸性化に対して、耐性を持つサンゴが自然界に存在することを明らかにしました。
 今後、海洋酸性化がサンゴ群集全体にどのような変化を及ぼしうるのかを予測することや、サンゴ移植に最適な系統選抜を行うための技術開発においても重要な知見となります。
 研究成果は、国際誌「Marine Ecology(平成29 年6 月20 日公開)」と「Marine Pollution Bulletin(平成29 年6 月24 日公開)」に掲載されました。

 詳しくはこちらからご覧ください。

弘前大学 弘前大学COI研究推進機構 弘前大学 COCホームページ 弘前大学 研究・イノベーション推進機構 弘前大学 放射線安全総合支援センター 弘前大学出版会 弘前大学男女共同参画推進室 弘前大学資料館 弘前大学 教員免許状更新講習 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性・資源を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 めざせ!じょっぱり企業家 弘前大学教育情報 弘前大学研究・イノベーション推進機構 生物遺伝資源の取扱について
弘前大学 イベントカレンダー 国立大学法人弘前大学 弘前大学基金 国立大学法人弘前大学 弘前大学基金 古本募金 弘前大学 寄付金についてのご案内 弘前大学 キャンパスツアー
ページ上部へ戻る