弘前大学

【12月11日】弘前大学白神自然環境研究所シンポジウム 「未来へつなぐ~津軽半島の豊かな自然~」開催のお知らせ

1. 日時:2017年12月11日(月) 
    17時00分 〜 19時30分(開場16時30分)

2. 会場:つがる市生涯学習交流センター「松の館」交流ホール
   ※ 会場への無料送迎バスを準備しております(先着50名)。
    ご希望の方は、15時30分までに弘前大学正門前にお越しください。
    15時30分に出発しますので、時間に余裕を持ってお越し願います。
    なお、シンポジウム終了後、弘前大学への到着時刻は20時45分頃の予定です。

3. 対象:本学教職員、学生、一般の方 ※事前申込は不要です。

4.要旨: 
 つがる市の湖沼群において、環境省が定める絶滅危惧IA類に指定された希少な水生植物「ガシャモク」が、新潟大学教育学部と弘前大学白神自然環境研究所、津軽植物の会の合同チームの調査によって確認されました。現存する自然個体群は、福岡県北九州市の一湖沼に次いで2例目であり、これまでの国内の北限とされていた場所を500km以上更新する新産地の発見となります。
 この発見と津軽半島の豊かな自然環境を広く皆様に知っていただく為に、公開シンポジウムを開催いたします。講師には、第一発見者である 首藤光太郎 研究員(新潟大学)、現存するガシャモク個体群がある北九州市において保全活動に関わる 真鍋徹 学芸員(北九州市いのちのたび博物館)の他、齊藤信夫 氏(青森自然環境研究会)、石戸谷芳子 氏(津軽植物の会)、中村剛之 准教授(弘前大学)の講演を予定しています。

5.主催:弘前大学白神自然環境研究所、新潟大学教育学部、環境研究総合推進費4-1705「湿地の多面的価値評価軸の開発と広域評価に向けた情報基盤形成」研究チーム

6.後援:環境省東北地方環境事務所、青森県、つがる市、津軽植物の会、青森県自然環境研究会

7.お問い合わせ先: 
    弘前大学白神自然環境研究所 山岸
    電話・FAX:0172-39-3706
    e-mail:hyama@hirosaki-u.ac.jp
    詳細は当研究所HPをご覧ください。
    http://www.hirosaki-u.ac.jp/shirakami/

弘前大学 弘前大学COI研究推進機構 弘前大学 COCホームページ 弘前大学 研究・イノベーション推進機構 弘前大学 放射線安全総合支援センター 弘前大学出版会 弘前大学男女共同参画推進室 弘前大学資料館 弘前大学 教員免許状更新講習 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性・資源を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 めざせ!じょっぱり企業家 弘前大学教育情報 弘前大学研究・イノベーション推進機構 生物遺伝資源の取扱について
弘前大学 イベントカレンダー 国立大学法人弘前大学 弘前大学基金 国立大学法人弘前大学 弘前大学基金 古本募金 弘前大学 寄付金についてのご案内 弘前大学 キャンパスツアー
ページ上部へ戻る