書籍案内

ここから本文です

津軽はおもしろいシリーズ(1) あっぱれ! 津軽の漆塗り

  • 佐藤武司<著>
  • A5判・109頁・並製
  • 定価 本体1,200円+税
  • ISBN 4-902774-01-1
  • 発行 2005年3月15日

第1回弘前大学出版会賞(2010年)

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 いま、人々が地域の伝統文化について学ばなければならない大切なこと、必要なことは何か?そのことに気づかせてくれる教養書である。内容は、津軽という地域の漆芸に限定しているが、漆器製作の手引き書というよりも、日本の漆器「津軽塗」とは何か? という疑問に対して、津軽塗の定義、津軽において「塗」という語がもつ意味、津軽塗の歴史、江戸時代の漆塗手板、塗料である漆や漆器の保管の仕方までとりあげ、わかりやすくまとめている。特に歴史については、四百年の歴史をもつ津軽塗が、時代の流れに、どのように対応しながら伝承されてきたかがわかる。また、今日の漆職人たちがなぜ江戸時代の変わり漆技法にこだわっているのか?

 その理由は、創造的意匠のカラー写真を見ると、古くて新しい点にあることがわかる。

目次

Chapter1 津軽塗とは何か
Chapter2 津軽の漆塗りの歴史
Chapter3 伝統的工芸品津軽塗の塗り工程
Chapter4 伝統とは何か
Chapter5 漆の器
Chapter6 漆の話

【カテゴリー】受賞図書 , 芸術・生活 , 書籍 ,