書籍案内

ここから本文です

リンゴ農家の経営危機とリンゴ火傷病の検疫問題 -WTO体制下の構造問題に迫る-

  • 宇野 忠義 著
  • B5判・61頁・並製
  • 定価 本体460円+税
  • 978-4-902774-29-0
  • 発行 2007年12月14日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 おいしいリンゴは、永年の英知と経験、自然・病虫害との闘い・共生のたまものであり、その価値が正当に評価され、再生産できることを待っている。ところが、そのりんご産業が現在重大な危機に直面している。1990年4月にりんご果汁の輸入自由化が決定され、それ以降果汁の輸入が増大を続けており、こうした国際競争と輸入圧力によって極めて厳しい局面に立たされてきた。ことに、リンゴ農家の経営の悪化はかってない厳しさがあり、耐え難い恐慌的状態に陥っている。青森県の稲作も同様に厳しい状況にあるが、このような事実は一部の専門家のみしか知らない。広く一般には知らされていないといえる。危機は貿易自由化との関連で発生しており、その根源には1995年に成立したWTO(世界貿易機関)体制の存在とそれがもたらす構造的問題性を指摘できる。本書では、国際的視野の下で、経営問題と検疫問題を通して、WTO体制の構造的問題に迫っている。本書はリンゴ産業・農業関係者のみならず、消費者にも是非目を通し、考えていただきたい書物である。

目次

第1章 リンゴ果汁輸入の急増が日本のリンゴ経営に与えた影響
第2章 最重要病害リンゴ火傷病の日米検疫問題の経過と今後の課題

【カテゴリー】産業 , 書籍 ,