書籍案内

ここから本文です

未利用バイオマスとしてのりんご剪定枝の活用戦略

  • 弘前大学農学生命科学部附属未利用バイオマス研究センター 編著
  • A5判・55頁・並製
  • 定価 本体560円+税
  • ISBN 978-4-902774-40-5
  • 発行 2008年9月30日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 本書は、青森県の主要な未利用バイオマスであるりんご剪定枝の活用戦略について、弘前大学農学生命科学部の教員を中心に、理工学部の教員と実際のリンゴ栽培者にも加っていただき、編まれたものである。
 青森県内のリンゴ園から出る剪定枝は、青森県の間伐材の量にも匹敵し、毎年15万tにのぼるといわれている。この有効利用は青森県にとっても重要な課題であり、「あおもり・バイオマス利活用総合戦略」でもその重要性が取り上げられてきた。木質系バイオマスとしてのりんご剪定枝の有効利用は、青森県における資源の循環利用という観点からばかりでなく、大気中の二酸化炭素の削減という点からも積極的に取り組む課題と思われる。
 本書では、まずⅠ章で未利用バイオマスとしてのりんご剪定枝活用の現状について、Ⅱ章では主としてりんご剪定の目的について、Ⅲ章ではりんごを実際に栽培しているりんご栽培者に現場の実情を、Ⅳ章では剪定枝のエネルギーとしての利用について、Ⅴ章では高価な鹿角霊芝(ろっかくれいし)というキノコの培地としての優位性について、Ⅵ章では剪定枝の堆肥化に関しての科学的解析について、それぞれ書かれており、剪定枝の堆肥化からリンゴ園に帰すという循環型農業の取り組み等、剪定枝の有効利用の可能性をさまざまな角度から模索している。

目次

Ⅰ.未利用バイオマスとりんご剪定枝
Ⅱ.りんご剪定の目的と剪定枝の堆肥化
Ⅲ.りんご農園における剪定枝利用の現状と課題
Ⅳ.りんご剪定枝のエネルギー利用
Ⅴ.りんご剪定枝の霊芝培地としての利用
Ⅵ.りんご剪定枝の堆肥利用
Ⅶ.未利用バイオマス活用戦略の課題

【カテゴリー】産業 , 書籍 ,