書籍案内

ここから本文です

白神自然観察園の動物(1)概要編

  • 弘前大学白神自然環境研究所 編
  • B6判・22頁・並製
  • 定価 本体476円+税
  • ISBN 978-4-902774-66-5
  • 発行 2011年2月18日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 青森県と秋田県にまたがる白神山地にはブナを主とする広大な森林が広がり、ツキノワグマやニホンカモシカ、イヌワシ、クマゲラといった大型動物を頂点に独特で豊かな動物相が見られます。このようなブナの林は世界的にも珍しく、中心部はユネスコの世界遺産地域に指定され、保護されています。これまでの調査で、哺乳動物だけでも36種、昆虫では2000種以上が確認されています。弘前大学は、白神山地の世界遺産地域に近い青森県西目屋村川原平に約18haの「白神自然観察園」を開設しました。一般の方にも開放され、動物の観察や森林浴に活用して頂くことができます。観察園内で頻繁に目にする35種の動物をピックアップし、生態写真とその暮らしなどについて解説を加えました。白神山地低山部の森林を散策される時の動物観察の手助けとしても是非ご活用下さい。

目次

腹足類 
昆虫類
両性・は虫類 
哺乳類 
種名さくいん
筆者プロフィール

【カテゴリー】理学 , 書籍 ,