書籍案内

ここから本文です

チーム・オール弘前の一年 ―岩手県野田村の復興支援・交流活動の記録―

  • 弘前大学人文学部ボランティアセンター編
  • 四六判・340頁・並製
  • 定価 本体2,000円+税
  • ISBN 978-4-902774-84-9
  • 発行 2012年2月29日

第4回弘前大学出版会賞(2013年)

在庫僅少

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 2011年3月11日の東日本大震災は、各地に甚大な被害を及ぼした。それを受け、弘前市では、弘前市民・弘前市・弘前大学が連携した「チーム・オール弘前」を結成し、岩手県九戸郡野田村を中心に、支援・交流活動を開始した。本書は、走りながら考え、泣き笑い、活動してきた1年間がぎゅっと詰まった記録である。第一部は、バスで片道3時間半、弘前から野田村まで通い続けた約33回にわたる活動を、詳細に記している。刻々と状況が変化し、村も活動も人との関わり方も、どんどんうつり変わっていく。第二部は「みんなの声」として、弘前市民のみなさんや学生たちの経験や思いが、彩り豊かに記されている。第三部は、支援・交流活動のこれまでと今後のあり方についての座談会を収録した。ある学生は、この活動を通して「自然の力を乗り越えていく人の力」「年齢性別職業が違っても、一つのことに共同で取り組んでいける人のひたむきさ」を目の当たりにしたという。私たちの生の記録が、今後の被災地支援、ボランティア活動、さまざまな主体の協働のあり方、そして人と人が出会うことの尊さを考える一助になれば幸いである。

目次

〈第一部〉 支援・交流活動の記録
第一章 野田村支援・交流活動の始まり
第二章 チーム・オール弘前始動!
第三章 活動は広がってゆく
第四章 災害支援から交流へ
〈第二部〉 みんなの声/十一月二十日/十二月三日)
第五章 弘前市民のみなさんの声
第六章 学生たちの声
〈第三部〉 チーム・オール弘前のこれまでとこれから

【カテゴリー】社会科学 , 受賞図書 , 社会科学一般 , 書籍 ,