書籍案内

ここから本文です

弘大ブックレット No.8 ブナの森の湖沼群 ―白神山地・十二湖の水生生物を探る―

  • 大高明史著
  • A5判・94頁・並製
  • 定価 本体619円+税
  • ISBN 978-4-902774-82-5
  • 発行 初版第1刷2012年2月20日
         第2刷2017年4月24日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 十二湖は、白神山地のブナ林に散らばる31の湖沼の総称である。大きさや水の色、冬の結氷のようすなどが異なる湖はどれも個性的で、森の中の湖沼めぐりは四季それぞれに楽しい。本書は、20年以上にわたって学生たちと続けてきた、十二湖での野外調査の記録である。主役は、ミジンコやワムシなどのプランクトンや、水生昆虫、両生類,魚類など、水中で暮らす生物たちである。ミジンコやモリアオガエルが、小さな湖沼でしか見られないのはなぜか。ヨコエビが晩秋に堰を切ったように一斉に繁殖するのはなぜか。上流の湖沼に住むワカサギほど体が大きいのはなぜか。たくさんの問題を発見し、みずから解決に迫った。そこから見えてきたことは、森と水の深いつながりだった。十二湖の全湖沼について、深さや別名などの情報を掲載したほか、湖沼生物の変遷や水質の特徴、湖沼名の由来などにも触れ、十二湖のガイドブックとしての利用価値も高い。

目次

1章 たくさんの湖
2章 大きな湖・小さな湖
3章 変わる生物たち
4章 ミジンコの湖
5章 数珠つなぎの水辺

【カテゴリー】弘大ブックレット , 理学 , 書籍 ,