書籍案内

ここから本文です

ティーチング・ポートフォリオを活用したFD活動の展開

  • 鬼島 宏・神田健策編
  • A5判・205頁・並製
  • 定価 非売品
  • ISBN 978-4-902774-88-7
  • 発行 2012年3月28日

内容紹介

 ティーチング・ポートフォリオ (Teaching Portfolio) とは、「教員による教育活動全般に関する自己評価申告記録」であり、この記録を更新してゆくことにより授業内容や教育方法に対する継続的な改善が行われ、教員の教育能力の向上が図られる効果を有している。弘前大学では、文部科学省特別教育経費を獲得したのを契機に、ティーチング・ポートフォリオを活用したFaculty Development (FD) 活動の一環として教育者総覧を導入し、大学教育改革の成果をあげてきた。本書は、ティーチング・ポートフォリオについて紹介するとともに、教育者総覧の意義・導入状況や成果を解説している。また、学部等の各部局における具体的なFD活動の実践を報告するとともに、学生中心の教育を見据えたラーニング・ポートフォリオ (Learning Portfolio) の将来的導入への構想などを記載している。

目次

1 弘前大学における教育改革の現状と課題
2 ティーチング・ポートフォリオの積極的導入
3 Workshop at Dalhousie University
4 弘前大学版Teaching Portfolio の創成
5 オランダにおけるティーチング・ポートフォリオの活用
6 学生にとってのシラバスとその活用について
7 ラーニング・ポートフォリオとの連動
8 弘前大学FDワークショップの実践と実績
9 弘前大学各部局におけるFD活動の取り組み
10 海外での現状 
11 事務から見た現状と課題

【カテゴリー】社会科学 , 教育 , 書籍 ,