書籍案内

ここから本文です

太宰治自筆ノート複製セット

  • 弘前大学附属図書館 編
  • A5変型判・英語168頁、修身128頁、解説8頁 函入
  • 定価 本体12,000円+税
  • ISBN 978-4-907192-01-3
  • 発行 2013年3月29日

第5回弘前大学出版会賞受賞図書

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

太宰および太宰文学の原点を知る宝庫!

―太宰研究者、太宰文学愛好家へ―


 太宰治は、1927年に弘前大学の前身である官立弘前高等学校に入学した。本資料は、そのときの「英語」と「修身」の自筆ノートを忠実に複製したものである。「英語」ノートは大部分がThomas Babington Baron MacaulayとCharlotte Brontëによる著作の日本語訳の口述筆記。「修身」ノートは、修身を受け持った宮城敏夫教授自身が研究し、思うところをみずからの言葉で講義したものと推測される。

 2冊のノートには実に多くの落書きがある。その大半は戯画化された肖像画と自己の署名などであるが、太宰治の筆致を如実に見ることができる。英語の授業への生徒達の不満や修身の授業への大正デモクラシーの影響なども読み取れ、当時の太宰をとりまく様子がいきいきと伝わってくる。

 本資料は太宰研究の基礎資料であるとともに、昭和初期の官立高等学校においてどのような教育がなされていたかを知る上でも貴重な価値を有するといえよう。


※限定150セット、取扱いは弘前大学生協のみとなります。

【カテゴリー】人文科学 , 受賞図書 , 文学 , 書籍 ,