書籍案内

ここから本文です

東日本大震災 弘前大学からの展望 [2011-2012] -それぞれの3.11-

  • 弘前大学震災研究交流会 編
  • A5判・252頁・並製
  • 定価 本体1,600円+税
  • ISBN 978-4-907192-05-1
  • 発行 2013年9月1日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 本書は国立大学法人弘前大学からの震災通信である。自然のすごさがどんなものかを見せつけられた大災害だった。被災地を中心に東北に国内の目、世界の目が向いた。大震災は青森県でも小さくはなかったが、岩手県、宮城県、福島県のものとして語られた。この3県への衝撃と比較されて青森県の扱いが小さいものとなった。
発災から2ヶ月が経って、弘前大学に市民や研究者が集まり、青森県を中心に、弘前市で大震災を語った。災害を引き起こした地震のこと、被災地のこと、避難所のこと、復興過程の問題点、被災を伝えるメディアのこと、弘前からの被災地支援のこと、復興ビジョン、小さな教室でのつぶやきのようなものを続けた。どんな地域にもそれぞれの大震災がある。私たちはそう思って、大震災のことを語り、聞き続けた。その成果が本書である。

目次

Ⅰ 大震災発生の源としての地震
Ⅱ 地域社会と東日本大震災
Ⅲ 東日本大震災―弘前大学の活動―
Ⅳ 弘前大学震災研究交流会

【カテゴリー】社会科学 , 社会科学一般 , 書籍 ,