書籍案内

ここから本文です

環境・地域・エネルギーと原子力開発 ~青森県の未来を考える~

  • 大坪正一・宮永崇史 編著
  • A5判・167頁・並製
  • 定価 本体1,400円+税
  • ISBN 978-4-907192-06-8
  • 発行 2013年10月1日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

  本書は、弘前大学21世紀教育(教養教育)で開設された「環境との共生(D)」の講義を基礎に、学生および市民の学習用テキストとして編集したものである。この講義は、東日本大震災直前の2010年後期から始まったが、青森県の経済、歴史、地域社会などを学び、原子力開発や自然エネルギー開発を取り上げ、青森県の未来を考えるというものである。福島原発事故以降は、日本の原子力政策と地域との関わりが鋭く問われているので、青森県に限らず同様の問題を抱える地域でも、環境、地域、エネルギー、原子力開発をトータルにとらえていくことは、重要な課題となっているといえる。本書は、自然科学、社会科学を問わず幅広い研究領域の執筆者によって構成されており、環境との共生という視点から、原子力開発問題を学際的に学べる内容となっているのが特徴である。

目次

第1章 青森県・下北半島「原子力半島」化の歴史と現状(安藤 房治)
第2章 放射能、原発、事故、再処理(鈴木 裕史)
第3章 内部被曝について ~放射線科学の歴史から紐解く~(遠藤 順子)
第4章 下北半島の地質環境(根本 直樹)
第5章 青森県の経済と核燃マネー(福田 進治)
第6章 核燃反対運動と青森県の地域づくり(大坪 正一)
第7章 原子力神話から自然エネルギーの未来へ(宮永 崇史)

【カテゴリー】社会科学 , 社会科学一般 , 書籍 ,