書籍案内

ここから本文です

白神山地の土壌入門

  • 弘前大学白神自然環境研究所 編
  • A4判・61頁・並製
  • 定価 非売品
  • ISBN 978-4-907192-12-9
  • 発行 2014年3月13日

内容紹介

 白神山地が1993年に世界自然遺産に登録されて20年が経過した。白神山地の広大なブナ林は、ブナ生態系における土壌の生成にも大きく影響を及ぼしており、土壌が鉛直方向にどのような特性をもつのか興味深いところである。本書では、白神山地に主として分布する褐色森林土、ポドゾル土についてまとめるとともに、白神山地の土壌生成に影響を及ぼしている長白山(中国)の火山灰土についても記載した。また白神山地の皮膚とも言える土壌は、水資源や河川の水質にも大きく影響を及ぼしていることから、土壌水、降雨、降雪の水質についてデータをまとめた。地球温暖化等による生態系の変化が進むことが予想される中、現在のデータを詳細に記録することは、将来の研究の一助になると考えられる。土壌を専門に学ぶ学生の基礎知識として活用できるように編集されているのが特徴である。

【カテゴリー】理学 , 書籍 ,