書籍案内

ここから本文です

T.S. エリオットの思索の断面 ―F.H.ブラッドリーとニコラウス・クザーヌス―

  • 村田 俊一 著
  • 四六判・292頁・上製
  • 定価 本体4,200円+税
  • ISBN 978-4-907192-19-8
  • 発行 2014年10月15日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 本書は1948年ノーベル文学賞を受賞したT・S・エリオットの文学と哲学の関係を論じたものである。彼はハーヴァード大学院時代、19世紀後半の英国の哲学者F・H・ブラッドリーについて博士論文を書いている。本書の著者は既にブラッドリーの「懐疑的精神」とエリオットの「中道精神」(ヴィア・メディア)を関係づけた『T・S・エリオットのヴィア・メディア―改宗の詩学―』(弘前大学出版会、2005)を出版したことがある。本書ではこの著書を基軸にし、エリオットの「思索の断面」に流れている「全体」の概念を博士論文に立ち帰って、彼の文学、そして「感性の統合」が見られるデカルト以前の中世に見出だし、さらには「対立物の一致」で有名な15世紀のドイツの神秘主義者ニコラウス・クザーヌスまで遡った。エリオットのこの「思索の断面」を辿ることによって、彼が如何にしてダンテ的ヴィジョンの「薔薇園」へ帰還したかという彼の旅路の一端が垣間見られるであろう。

目次

第一部
第一章 「視点」
第二章 唯我論
第三章 形而上詩
第二部
第四章 神秘主義
第五章 対立物の一致
第六章 薔薇園への帰還

【カテゴリー】文学 , 書籍 ,