書籍案内

ここから本文です

Radiation Emergency Medicine Vol.4 No.2

  • Radiation Emergency Medicine 編集委員会編
  • A4変形判・86頁・並製
  • 定価 本体1,100円+税
  • ISSN 2186-8026
  • 発行 2015年8月28日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 弘前大学は、さまざまな原子力関連施設が立地する青森県における唯一の総合大学として、万が一の事態に際して地域の安心・安全を確保するため、被ばく医療に関連する取組を推進してきました。平成22年度からは、先導的創造科学技術開発費補助金による地域再生人材創出拠点の形成事業「被ばく医療プロフェッショナル育成計画」を、青森県との連携・協力事業としてスタートさせ、この事業の一環として、緊急被ばく医療に関連する研究成果の共有および情報発信を目的に、平成24年3月に被ばく医療に関する学術誌を発刊しました。本誌は、世界に発信しグローバルなつながりの中で研究を深めていくために、英文での発行としました。

 第4巻2号では、放射線計測・線量評価・放射線管理等の領域における論文9報に加えて、鹿児島大学大学院医歯学総合研究科、秋葉澄伯教授の特別寄稿による「疫学の基礎(4)」、平成26年9月に弘前市で開催された1st Educational Symposium on Radiation and Health by Young Scientists (ESRAH2014) の報告、及び被ばく医療プロフェッショナル育成課程を修了した第三期生、第四期生合わせて19名による調査・研究成果報告の英文要旨が掲載されております。

 今後も、疫学調査、生物影響、線量評価、被ばく医療教育、放射化学分析、放射線看護、放射線計測、放射線防護、臨床研究など広い分野にわたる論文を発信していく予定です。皆様からの投稿をお待ちしております。




※本誌は英文表記となります。