書籍案内

ここから本文です

Radiation Environment and Medicine Vol.6 No.2

  • Radiation Environment and Medicine 編集委員会編
  • A4変形判・pp.49-111・並製
  • 定価 本体1,100円+税
  • ISSN 2423-9097
  • 発行 2017年8月29日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 弘前大学は、さまざまな原子力関連施設が立地する青森県における唯一の総合大学として、万が一の事態に際して地域の安心・安全を確保するため、被ばく医療に関連する取組みを平成20年度から推進してきており、平成27年8月には原子力規制委員会から原子力災害医療に対応する施設として「高度被ばく医療支援センター」及び「原子力災害医療・総合支援センター」の指定を受けるに至りました。これに合わせて弘前大学放射線安全推進会議の下に「放射線安全総合支援センター」が設置されました。

 これまでの弘前大学による被ばく医療関連の人材育成事業の一環として平成24年3月に刊行を開始した被ばく医療に関する学術誌 Radiation Emergency Medicineは、第5巻1号から、より広い分野からの投稿に対応する目的で、誌名をRadiation Environment and Medicineに改めました。

 第6巻2号には、放射線計測・線量評価・放射線看護等の領域における6報の論文に加えてOffice of Radiation Protection and Environmental Monitoring, Environmental Protection Agency (アイルランド) のKevin Kelleher先生、McGill University (カナダ) のJohn Kildea先生による特別寄稿論文が掲載されています。

 今後も、放射線防護、線量評価、生物影響、放射線計測、被ばく医療教育、放射化学分析、放射線看護、疫学調査、臨床研究など放射線科学の幅広い分野にわたる論文を掲載していく予定です。

 皆様からの投稿をお待ちしております。

※本誌は英文表記となります。

目次

Special Contribution
Radiation Monitoring in Ireland – The Impact and Lessons Learned from Nuclear Accidents
Kevin Kelleher

The Canadian Neutron-Induced Carcinogenic Ef fects Research Program
̶A research program to investigate neutron relative biological effectiveness for carcinogenesis with a particular focus on secondary (by-product) neutrons in highenergy radiation therapy
John Kildea

Review
Application of Lymphocyte Chromosome Aberrations for Biodosimetry of Low-Dose-Rate Chronic Irradiation
Kimio Tanaka, Kenichi Satoh and Atushi Kohda

Reviewing Domestic Literature on Radiation Emergency Medicine: Role of Nurses as Viewed in the Literature
Hikaru Sasatake, Maiko Kitajima, Mayumi Urushizaka and Yuka Noto

An Urgent Need for Radiation Protection Education and Dose Assessment in the Dental Field
Makiko Ike and Takafumi Hayashi

Regular Article
Impact on Absorbed Dose Rate in Air from Asphalt Pavement Associated with Transport Infrastructure Developments on Phu Quoc Island, Vietnam
Tan Van Le, Kazumasa Inoue, Makoto Fujisawa, Moeko Arai and Masahiro Fukushi

Report
The Medical Treatment of Radiation Exposure and Contamination in Radiation Accidents
Takakiyo Tsujiguchi, Hitoshi Yamamura and Ikuo Kashiwakura

Technical Data
Installation of System at Hirosaki University, Japan, for Estimating Radionuclide Atmospheric Dispersion Levels
Kazuki Iwaoka, Masahiro Hosoda and Shinji Tokonami

Utilization of Monte Carlo Particle Transport Simulation Code on Radiation Emergency Medicine at Hirosaki University
Kazuki Iwaoka, Masahiro Hosoda, Takakiyo Tsujiguchi, Minoru Osanai,Shinji Tokonami and Ikuo Kashiwakura

Instructions for Authors