書籍案内

ここから本文です

リサイクル・バイオ燃料が切り拓く新たなビジョン ―使用済み食用油のエネルギー利用―

  • 泉谷眞実・野中章久・金井源太・小野洋共著
  • A5判・90頁・並製
  • 定価 本体1,500円+税
  • ISBN 978-4-907192-58-7
  • 発行 2018年3月22日

暮らしの中の身近な存在「使用済み食用油」が、
人と環境に優しく頼もしいエネルギーに生まれ変わる!

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 暮らしの中の身近な存在である「使用済み食用油」が、人と環境に優しく頼もしいエネルギーに生まれ変わる! 
 リサイクル・バイオ燃料事業の最前線を分かりやすく詳述する。使用済み食用油を燃料に変える最新技術の解説、北東北での取り組み事例の調査、環境先進国ドイツでの先行例と現状の分析により、リサイクル・バイオ燃料がもつ大きな可能性を提案する。
 家庭、事業者、自治体が手を携えてリサイクル燃料事業を展開するための基礎知識と有益なヒントに満ちあふれた入門書。

目次

第1章 エネルギー利用の方法とメリット
第2章 排出・利用状況と回収システム
第3章 家庭からの使用済み食用油の品質
    ―岩手県・青森県を事例として―
第4章 輸送用燃料としての利用
第5章 発電燃料としての利用
第6章 バイオディーゼル燃料利用先進国ドイツ
コラム / 文献一覧

【カテゴリー】産業 , 新刊のご案内 , 書籍 ,