書籍案内

ここから本文です

Radiation Environment and Medicine Vol.7 No.2

  • Radiation Environment and Medicine 編集委員会編
  • A4変形判・pp.65-124・並製
  • 定価 本体1,100円+税
  • ISSN 2423-9097
  • 発行 2018年8月30日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

弘前大学は、さまざまな原子力関連施設が立地する青森県における唯一の総合大学として、万が一の事態に際して地域の安心・安全を確保するため、被ばく医療に関連する取組みを平成20年度から推進してきており、平成27年8月には原子力規制委員会から原子力災害医療に対応する施設として「高度被ばく医療支援センター」及び「原子力災害医療・総合支援センター」の指定を受けるに至りました。これに合わせて弘前大学放射線安全推進会議の下に「放射線安全総合支援センター」が設置されました。

これまでの弘前大学による被ばく医療関連の人材育成事業の一環として平成24年3月に刊行を開始した被ばく医療に関する学術誌 Radiation Emergency Medicineは、第5巻1号から、より広い分野からの投稿に対応する目的で、誌名をRadiation Environment and Medicineに改めました。

第7巻2号には、放射線計測、放射線治療等の5報の論文に加えて、インドネシア原子力庁の Mukh Syaifudin 先生、ハワイ大学マノア校健康科学&社会福祉カレッジ看護・歯科衛生学部の Lorrie C. Wong 先生、アイルランド環境保護庁放射線防護及び環境モニタリングオフィスの Stephanie Long 先生による特別寄稿論文、 4th Educational Symposium on Radiation and Health by Young Scientists (ESRAH2017) の報告が掲載されております。

今後も、放射線防護、線量評価、生物影響、放射線計測、被ばく医療教育、放射化学分析、放射線看護、疫学調査、臨床研究など放射線科学の幅広い分野にわたる論文を掲載していく予定です。

皆様からの投稿をお待ちしております。

※本誌は英文表記となります。

目次

Special Contribution
Cytogenetic and Molecular Damages in Blood Lymphocyte of Inhabitants Living
in High Level Natural Radiation Area (HLNRA) of Botteng Village, Mamuju, West Sulawesi,
Indonesia
Mukh Syaifudin, Sofiati Purnami, Tur Rahardjo, Iin Kurnia, Nastiti Rahajeng,
Darlina, Siti Nurhayati, Wiwin Mailana,
Dwi Ramadhani, Viria Agesti Suvifan,
Teja Kisnanto and Eko Pudjadi


Simulation Training in Disaster Response for Healthcare Students
Lorrie C Wong

Ireland’s National Radon Control Strategy and Supporting Research
Stephanie Long

Review
The Anomaly in Atmospheric Radon Concentrations Prior to the 2011 Tohoku-Oki
Earthquake in Japan
Yumi Yasuoka, Hiroyuki Nagahama, Jun Muto and Takahiro Mukai

Impact of Human Papillomavirus Infection on Radiosensitivity of Head and Neck
Cancers
Motoaki Yasuda

Regular Article
Development of Radon and Thoron Exposure Systems at Hirosaki University
Chanis Pornnumpa, Yui Oyama, Kazuki Iwaoka, Masahiro Hosoda and Shinji Tokonami

Development of a Method for Analysis of Radionuclides in Biological Samples
Using ICP Mass Spectrometer
Akari Homma, Hirofumi Tazoe,
Masatoshi Yamada, Shingo Terashima
and Yoichiro Hosokawa


Taking into Account of the Correlation between Absorbed Fractions in Uncertainty
Assessment in Biokinetic and Dosimetric Models of α-, β-, αγ-, and βγ-emitters:
Case of 238U and 210Pb
Atangana Bingana Martin Serge, Saidou and Oumarou Bouba

Note
On the Importance of 228Ra in Radiation Dose from Drinking Water Intake
Jing Chen

Report
Meeting Report on “The 4th Educational Symposium on Radiation and Health
(ESRAH) by Young Scientists in 2017”
Ryo Saga, Takakiyo Tsujiguchi,
Masaru Yamaguchi, Yasuyo Fukushi,
Yohei Fujishima, Yusuke Matsuya, Joma Oikawa,
Marin Terashima, Hiroyuki Date,
Toshiya Nakamura and Yoichiro Hosokawa


Instructions for Authors