TOP > 弘前大学での留学生生活 > 大学基本情報 > 連絡サポート体制

連絡サポート体制

連絡・サポート体制

学生への連絡方法

大学から学生への連絡は,すべて掲示板と留学生用メールボックスで行われます。大学では,学生一人一人が必ず掲示板を見ること,メールボックスを確認することを前提としています。掲示の見落とし,メールボックスの確認し忘れは学生自身の責任とされるので,毎日一回は必ず学生センターと国際連携本部の掲示板(国際連携本部の前)及び留学生用メールボックスを自分の目で確認しましょう。

指導教員

学習・研究上の問題,進学・その他の問題についての指導・助言を行います。
授業料免除申請や奨学金申請の場合等,意見や推薦書を書いてもらうことが多いので,いつも指導教員と連絡をとって,困っていることなどを相談してください。

教員オフィスアワー

全ての教員は1週間に1度、学習に関することや生活上のこと等いろいろな相談を受け付ける時間を設けています。家族とも遠く離れ、不慣れな外国での暮らしでは、ちょっとしたことでも大きな障害になることがあります。そんなときは文化の違いをよく理解している教職員に相談して、的確なアドバイスを得るのが一番です。オフィスアワーを利用して気軽にご相談ください。
国際連携本部教員のオフィスアワーは国際連携本部前の掲示板で確認してください。

チューター

入学当初の留学生に対し,早く大学生活に慣れ,学習や研究が向上するようにチューターがつけられます。
チューターは,日本語や修学上の問題,日常生活上の問題等について,個別に課外指導や助言を行います。
チューターには,毎月報告書を国際連携本部へ提出してもらいます。留学生は2ヶ月に1度、報告書を提出してもらいます。

対象留学生 指導期間
学部学生 2年間(1・2年次)
大学院生・研究生 1年間(1年次)

不正行為の禁止

試験(期末・中間・小テスト等すべて)で不正行為(カンニング等)をしたときは、停学になり、その学期の全ての成績が無効になります。