インフォメーション

産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業 最終事業成果報告会

弘前大学における課題解決型学習の取り組みと今後の展望~GPからCOCへ~

弘前大学では,平成24年度に文部科学省GP「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」の採択を受け,地域企業,経済団体,地域の団体や自治体等と連携し,課題解決型学習を実施してきた。この事業は北海道東北地域の17大学と連携した取り組みであるが,弘前大学では「地域企業と実践する課題解決型学習による主体的な学び」をテーマに掲げ,主体的に学習できる学生の育成に取り組んできた。
本事業成果報告会では,これまで弘前大学人文学部で行ってきた課題解決型学習の取り組みを振り返り,本事業の成果や課題,そして今後の展望について,この事業に関わった協力企業や特任教員,事業に対する外部評価委員などを交え,考えていきたい。

開催日時:平成27年2月17日(火)14:00~16:20

対  象:弘前大学教職員

開催場所:弘前大学50周年記念会館2階 岩木ホール

内  容:

14:00~14:05 開会挨拶 弘前大学長 佐藤 敬

14:05~15:00 基調講演:鈴木 敦 氏(茨城大学人文学部教授)

   「茨城大学根力プログラムについて」(45分講演,10分質疑応答)

15:00~15:10 休憩

15:10~16:15 パネルディスカッション:GPによる大学改革の成果とCOC

パ ネ リ ス ト:

茨城大学人文学部教授             鈴木 敦 氏
たびすけ 合同会社西谷代表          西谷 雷佐 氏
株式会社北海道エアシステム取締役安全推進部長 久保 俊彦 氏
弘前大学理事(教育担当)・ 副学長          伊藤 成治
弘前大学人文学部准教授            高島 克史
弘前大学人文学部特任准教授          大浦 雅勝

コーディネーター : 弘前大学人文学部教授   森 樹男

16:15~16:20 閉会挨拶 理事(教育担当)・ 副学長  伊藤 成治

 

最終事業報告会GPからCOC ←パンフレットはこちらから