インフォメーション

平成24年度弘前大学FDシンポジウムを開催しました

平成24年度弘前大学FDシンポジウムを11月3日(土)弘前大学創立50周年記念会館において開催しました。

本シンポジウムは,平成20年度より文部科学省からの特別経費の配分を受けて実施してきた「ティーチング・ポートフォリオを活用したFD活動の展開」の活動・成果を総括し,今後のティーチング・ポートフォリオの更なる展開,発展について考えることを趣旨として開催したもので,本学教職員のほか,県内外の大学等から約80名が参加しました。

第一部では,文部科学省私学助成課の 喜久里 要 課長補佐より,大学教育におけるFDの導入経緯から今後の課題等について講演いただき,つづいて本学 中根明夫 理事(教育担当)と21世紀教育センター 田中正弘 准教授より,本学の5年間の活動経緯と今後への展開方策の可能性について説明がありました。

第二部では,帝京大学 土持ゲーリー法一 教授より,海外の大学でのアカデミック・ポートフォリオの内容や活用方法について,つづいて立命館大学 林  泰子 講師より,立命館大学での新任教員研修におけるティーチング・ポートフォリオの活用事例などについて講演いただきました。

第三部では,第一部・第二部の講演内容を踏まえ,講師をパネリストとして総括討論を行い,約1時間半にわたって,ティーチング・ポートフォリオの導入・浸透を図るうえでの問題点,教員研修を中心としたティーチング・ポートフォリオの活用方策,今後に期待すること等について,会場全体で熱のこもった質疑応答・意見交換が行われ,盛会のうちに終了しました。

 

佐藤学長の挨拶

 

中根理事(教育担当)の挨拶

 

文部科学省高等教育局 喜久里要氏による基調講演

 

帝京大学 土持教授による特別講演

 

立命館大学 林講師による特別講演

 

活発な意見交換が行われた総括討論

 

会場から多くの質問が寄せられた

 

満員の会場