インフォメーション

【学内教員向け公募】平成26年度弘前大学教育改善・教育プログラム開発プロジェクト

【平成26年度】TOEIC受験料の支援について

弘前大学ではTOEIC受験料の一部を支援しています。

英語能力向上を目的として実施するものですので、やる気のある学生の皆さんは、奮って応募してください。

1.対 象 者:弘前大学の学部学生及び大学院学生

2.支援対象:TOEIC公開テスト及びカレッジTOEIC

3.実施期間:平成26年4月 ~ 平成27年1月末

4.支援金額

  TOEIC公開テストは5,000円(インターネット割引を利用した場合は4,400円)、

  カレッジTOEICは3,600円

5.提出書類

  ①TOEIC受験料支援申請書

  ②受験料領収書(原本:コピー不可)

  ③スコアカード(コピー可) ※申請出来るのは、皆さんが試験結果を受領した後です。

  ④旅費・謝金等の口座振込申請書 (要:通帳等の写し)

  ※「弘前大学教育情報HP」よりダウンロード可能。http://www.hirosaki-u.ac.jp/policy/

6.期 限

 毎月20日までに提出された書類をもって申請を締め切ります。それ以降に提出された類について

 は、翌月の処理とします。

7.提出先

 学務部教務課国際教育担当(総合教育棟2階)へ提出してください。医学部・医学研究科及び保健学

 研究科の学生及び大学院生は、各学部・研究科の学務担当へ提出してください。

8.その他

 複数回の受験を奨励します。ただし、本受験料支援制度を利用しての受験については、少なくとも半

 の期間を空けなければならないものとします。また、スコアカードは、英語力向上に関するデータ

 として活用させていただきます。

 TOEIC受験料支援

弘前大学 学生企画コンテスト 入賞作品発表

弘前大学 学生企画コンテスト の受賞作品が決定し,平成26年1月28日,表彰式が行われました。

◎最優秀賞 : 該当作品なし

◎優秀賞(1点 ※副賞:図書カード5万円)

・『跳ぶ。』

教育学部 3年 吉谷 拓海

◎佳作(2点 ※副賞:図書カード1万円)

・『My University』

理工学部 3年  臼杵 恵理

・『世界を見つめる弘前大学』

動画制作サークルKAGA(代表 佐藤 宏大)

【終了】平成26年度前期分 弘前大学大学院振興基金による経済支援

弘前大学では,下記学生を対象に,「大学院振興基金(以下「基金」という。)」による経済支援(授業料免除又は授業料相当額の給付)希望者を募集します。

対象者等について

下記1,2の研究科に所属する学生のうち,成績優秀な者。

ただし,[注意1]及び[注意2]に該当する者を除きます。

1.弘前大学大学院 各研究科

2.岩手大学大学院連合農学研究科(弘前大学配属)

 [注意1]

前年分の本人の収入額と配偶者の所得額の合計が, 博士(後期)課程学生は425万円,修士・博士前期課程学生は374万円以上で,かつ今年度も同等の収入が見込まれる者。

 [注意2]

 休学期間を除く在学期間が,標準修業年限を超える者。

 

「基金」申請書類配布及び提出期限等

(1)申請書類配布

平成26年1月21日(火)~提出期限まで

(2)提出期限

 「在学生」 ・・・・・・・・平成26年3月7日(金)17時まで

「26年度新入生」・・・・平成26年4月8日(火)正午まで 

 (3)配布及び提出先

学務部学生課窓口

※ 医学研究科学生及び保健学研究科学生はそれぞれ所属する研究科 学務グループとなります。

 申請上の注意

「基金」のみの申請はできません。学則による授業料免除の申請も必要です。

 

*申請等に関する詳細は,配布中の「基金」申請書類を受け取って確認してください。

募集掲示

26.1.21 学務部学生課

【2014年3月17日】平成25年度弘前大学非常勤講師FDワークショップ開催

平成25年度弘前大学非常勤講師FDワークショップ

「弘前大学常勤教職員との意見交換会」

【日 時】 2014年3月17日(月)13:30~16:15

【場 所】 創立50周年記念会館2階岩木ホール

【主 催】 教育推進機構

【参加対象者】 本学の非常勤講師(および常勤教職員)

【目 的】

本学の授業を担当した(する予定の)非常勤講師を中心に,本学の常勤教職員も交えて,本学の学生に向けたアクティブ・ラーニングの実践例や望ましい在り方に関する意見交換を行う。そして,その実践への歩みの一歩とする。

【日 程】

・開会挨拶(13:30~13:35) 伊藤 成治(教育担当理事・副学長)

・趣旨説明(13:35~13:50) 石川 隆二(教育推進機構FDワーキング・グループ長)

・第1部(13:50~14:45) 司会:田中 正弘(21世紀教育センター高等教育研究開発室長)

片桐 早苗(外国語科目担当非常勤講師)

「外国語科目におけるアクティブ・ラーニングの実践例」(10分)

質疑応答5分

小玉 有子(教職科目担当非常勤講師)

「教職科目におけるアクティブ・ラーニングの実践例」(10分)

質疑応答5分

齋藤  寛(専門科目担当非常勤講師)

「弘大生の専門講義にアクティブ・ラーニングを導入するにあたって-これまでの講義から-」(10分)

質疑応答5分

総括討論(10分)

・休憩(10分)

・第2部(14:55~16:10) 司会:田中 正弘(21世紀教育センター高等教育研究開発室長)

ラウンドテーブル

「弘大生に向けたアクティブ・ラーニングの在り方に関する意見交換」(30分)

各班の発表(5分@5回=25分)

総括討論(20分)

・閉会挨拶(16:10~16:15) 伊藤 成治(教育担当理事・副学長)

【参加申込】 参加を希望される場合は,下記担当事務までメール・電話等によりお申込ください。

【担当事務】 学務部教務課(教務企画担当)

TEL 0172-39-3108 E-mail:jm3108@cc.hirosaki-u.ac.jp

☆非常勤講師FDワークショップ要項

10 / 21« 先頭...89101112...20...最後 »