インフォメーション

「HIROSAKIはやぶさカレッジ」募集中

春休み、夏休みに短期留学を行い, 渡航費、授業料など、留学に必要な経費の一部を大学が援助します。興味のある方は,どんどん,お問合せください。

HIROSAKIはやぶさカレッジ

詳細はこちら! http://www.hirosaki-u.ac.jp/kokusai/

平成25年度弘前大学FD講演会を開催しました

平成25年度弘前大学FD講演会-アクティブラーニングの環境整備-

弘前大学では,去る6月26日,弘前大学創立50周年記念会館「岩木ホール」において,教育推進機構の主催によるFD講演会を開催しました。

本講演会は「アクティブラーニングの環境整備」と題して,東京大学教養学部附属教養教育高度化機構アクティブラーニング部門の特任助教 林 一雅先生を講師にお迎えし,本学教職員のほか,県内外の大学から約80名が参加しました。

講演会では,林先生から東京大学やマギル大学(カナダ)におけるアクティブラーニングを推進するための学習空間の整備など,先駆的な事例についての具体的な紹介をいただきました。

講演終了後は,同じテーブルに隣り合った参加者同士で,講演内容に関する質問や確認したいことなどを話し合うペアワークを行いました。

その後の質疑応答では,参加者からの質問に対して林先生から丁寧な説明があり,会場全体で熱のこもった活発な意見交換が展開され,盛会のうちに終了しました。

冒頭挨拶する中根理事

 

林講師による講演

 

ペアワークを行う参加者

 

講演資料:「アクティブラーニングの環境整備」(講師:林 一雅)

参考資料:KALS利用案内「授業をアクティブにするために」

 

 

【平成25年6月26日】弘前大学FD講演会を開催します

平成25年度弘前大学FD講演会を開催します。テーマは,「アクティブラーニングの環境整備」です。多くのご参加をお待ちしています。

日 時 : 平成25年6月26日(水)13:20~15:00

会 場 : 弘前大学創立50周年記念会館「岩木ホール」

主 催 : 教育推進機構

趣 旨

能動的学修(アクティブラーニング)への全学的な転換を弘前大学で推奨するための調査・研究の一環として,林一雅先生(東京大学教養学部附属教養教育高度化機構アクティブラーニング部門,特任助教)を招聘し,FD講演会を開催いたします。

東京大学教養学部附属教養教育高度化機構アクティブラーニング部門は,アクティブラーニングを採り入れた学士課程教育を教育工学の視点から支援する目的で,駒場アクティブラーニングスタジオ(KALS)の整備・活用を推進しています。そこで林先生に,マギル大学(カナダ)や東京大学などの先駆的な事例をご紹介いただきます。そして,このFD講演会が,アクティブラーニングの環境整備の在り方について議論する一助となることを期待します。

研修日程

13:00 会場受付

13:20 開会挨拶 中根明夫(理事・教育担当,副学長)

13:30 講演 林一雅(東京大学 特任助教)

質疑応答(40分)を含む。

研修対象者

1)弘前大学教職員

2)他大学からの希望者

担当:弘前大学 学務部教務課 TEL: 0172-39-3103

E-mail: jm3103@cc.hirosaki-u.ac.jp

【お知らせ】弘前大学学位記授与式及び入学式の日程について

○平成25年度秋季学位記授与式 平成25年9月30日(月)

時間:午前10時30分~午前11時00分

場所: 弘前大学事務局3F 大会議室

○平成25年度秋季入学式    平成25年10月1日(火)

時間:午前10時30分~午前11時00分

場所: 弘前大学事務局3F 大会議室

○平成25年度学位記授与式 平成26年3月20日(木)

 ・弘前大学大学院学位記授与式  午前9時00分~午前10時00分

場所: 弘前大学創立50周年記念会館みちのくホー

・弘前大学学位記授与式

第1部(人文学部・教育学部) 午前11時00分~正午

第2部(医学部・理工学部・農学生命科学部) 午後1時30分~午後2時30分

場所:弘前市民会館(弘前市大字下白銀町1番地6)

○平成26年度入学式 平成26年4月8日(火)

・弘前大学大学院入学式    午前9時00分~午前10時00分

場所: 弘前大学創立50周年記念会館みちのくホール

・弘前大学入学式

第1部(人文学部・教育学部) 午前11時00分~正午

第2部(医学部・理工学部・農学生命科学部) 午後1時30分~午後2時30分

場所:弘前市民会館(弘前市大字下白銀町1番地6)

「第15回 弘前大学FDワークショップ」を開催しました。

去る6月8日,弘前大学創立50周年記念会館「岩木ホール」において,教育推進機構の主催によりFDワークショップを開催しました。

本ワークショップでは,科目のナンバリングを試行的に作成することを通して,その意義について教員の理解を深めることを目的に行いました。 参加者は,各学部等から推薦された教員と長崎大学,法政大学及び同志社大学から申込みのあった教職員のほか,実施スタッフを合わせ約80名となりました。

はじめに,中根理事(教育担当)より開会の挨拶があり,つづいて教育推進室員の田中正弘准教授より「科目ナンバリングの目的と仕組み」と題した講演を行いました。

その後,各学部等に分かれグループワークを行い,午前は科目ナンバリングの作成作業を,午後の前半には授業科目のつながりや流れを示した「カリキュラムツリー」の作成を行いました。後半は作成したカリキュラムツリーを用いてグループ毎に発表を行い,カリキュラムツリーの考え方や特色等について参加者全員で意見交換し,最後に総括討論を行って終了しました。

科目にナンバリングする作業を行い,それを基にカリキュラムツリーを作成・発表し互いに意見交換を行うことで,全学の科目ナンバリングの達成にはずみがつく機会となりました。

当日のスケジュール等は,こちら。http://www.hirosaki-u.ac.jp/policy/1407.html

挨拶する中根理事(教育担当)

21世紀教育センター高等教育研究開発室 田中准教授

人文学部

教育学部

医学研究科

保健学研究科

理工学研究科

農学生命科学部