インフォメーション

【終了】弘前大学 学生企画コンテスト

※今年度の応募は締切ました。参考までにご覧ください。

弘前大学 学生企画コンテスト 【募集要項】

ポスター(PDF)

1.目  的

弘前大学構成員の一員である学生に,自らの学びの場である弘前大学を改めて見つめ直し,その魅力を学生ならではアイディアで発信してもらうことを目的とします。

2.募集内容

「弘前大学の魅力を最大限アピールしたCM企画」を広く募集します。作品は映像によるものとし,3分以内とします。なお,応募作品はYouTubeに公表し,学生及び一般からも広く評価を求めるものとします。

3.募集テーマ

「弘前大学ってこんなとこ!」

4.応募資格

本学に在学する学生

5.評価基準

独創性,弘前大学への愛情の深さから総合的に評価します。

6.選  考

受賞作品は,本学教育推進機構のもとに設置された,教育担当理事が指名する学生企画選考委員会において決定します。その際はYouTube上での評価も審査の参考とします。

7.表  彰

【最優秀賞】1点 賞状・副賞:図書カード

【優秀賞】 2点

【佳 作】 数点

8.広  報

受賞作品は,本学の大学広報に活用させていただきます。

9.応募方法

応募用紙と応募作品を収めたCD-RもしくはDVD媒体を担当窓口へ持参してください。なお,応募作品は返却しません。

※ダウンロードはこちら → 【様式】応募用紙

10.提出期限

平成25年10月31日(木)→ 平成26年1月6日(月)まで

※締切を延長しました(25.11.8)

11.留意事項

①応募された作品は一次審査を行い,通過作品はYouTubeにアップロードし,インターネット公開します。

②応募作品に使用する映像や音楽は,著作権処理が必要ないものを使用するか,必要な処理手続きが済んだものを使用してください。

・作品の中で他の人の著作物(写真や絵,新聞など)を利用した場合は,著作者の許諾を得ておく必要があります。

・音楽CDの場合には,一般的に,作詞者,作曲者,演奏者,レコード会社から利用の許諾を得る必要があります。作詞,作曲については,基本的にJASRAC(日本音楽著作権協会http://www.jasrac.or.jp/)に問い合わせて著作権上の処理を行います。なお,特定の音楽が必要でない場合は,著作権処理がなされ,著作権フリー等と表記されている市販のBGM音楽集等を利用してください。

・著作権者から著作物の利用の許諾を得る際には,YouTubeにアップロードすることについても許諾を得てください。

③人の活動や容姿を撮影する時には,肖像権などのプライバシー権に配慮してください。

・人の姿・形及びその画像などには肖像権があります。出演者には,撮影する目的使用方法,YouTubeにアップロードすることなどを予め告げて,本人の許諾を得ることが必要です。

・受賞作品に出演されている方には,弘前大学から映像使用についてご連絡をする場合がございますので,出演者から了解を得てください。

・映像に関しては,第三者の肖像権,プライバシーの権利を侵害することのないように注意してください。

④応募作品に関して第三者の権利の侵害が認められた場合,応募者がその責任を負うこととします。

⑤制作,応募等にかかる一切の費用は,応募者の負担とします。

⑥一次審査を通過し,YouTubeにアップロードした作品であっても,留意事項等に違反することが判明した場合は,YouTubeでの公開を見合わせ,または公開を取り消す場合があります。

⑦受賞作品は弘前大学が再編集し,弘前大学の広報等に活用する予定です。弘前大学ホームページ,YouTube等における配信,その他イベント・PR等で活用する予定ですが,詳細については受賞後にご相談します。

12.提出先

弘前大学学務部教務課教務企画グループ(総務担当)

※総合教育棟1階

℡:0172-39-3105

E-mail:jm3105@hirosaki-u.ac.jp

「HIROSAKIはやぶさカレッジ」募集中

春休み、夏休みに短期留学を行い, 渡航費、授業料など、留学に必要な経費の一部を大学が援助します。興味のある方は,どんどん,お問合せください。

HIROSAKIはやぶさカレッジ

詳細はこちら! http://www.hirosaki-u.ac.jp/kokusai/

平成25年度弘前大学FD講演会を開催しました

平成25年度弘前大学FD講演会-アクティブラーニングの環境整備-

弘前大学では,去る6月26日,弘前大学創立50周年記念会館「岩木ホール」において,教育推進機構の主催によるFD講演会を開催しました。

本講演会は「アクティブラーニングの環境整備」と題して,東京大学教養学部附属教養教育高度化機構アクティブラーニング部門の特任助教 林 一雅先生を講師にお迎えし,本学教職員のほか,県内外の大学から約80名が参加しました。

講演会では,林先生から東京大学やマギル大学(カナダ)におけるアクティブラーニングを推進するための学習空間の整備など,先駆的な事例についての具体的な紹介をいただきました。

講演終了後は,同じテーブルに隣り合った参加者同士で,講演内容に関する質問や確認したいことなどを話し合うペアワークを行いました。

その後の質疑応答では,参加者からの質問に対して林先生から丁寧な説明があり,会場全体で熱のこもった活発な意見交換が展開され,盛会のうちに終了しました。

冒頭挨拶する中根理事

 

林講師による講演

 

ペアワークを行う参加者

 

講演資料:「アクティブラーニングの環境整備」(講師:林 一雅)

参考資料:KALS利用案内「授業をアクティブにするために」

 

 

【平成25年6月26日】弘前大学FD講演会を開催します

平成25年度弘前大学FD講演会を開催します。テーマは,「アクティブラーニングの環境整備」です。多くのご参加をお待ちしています。

日 時 : 平成25年6月26日(水)13:20~15:00

会 場 : 弘前大学創立50周年記念会館「岩木ホール」

主 催 : 教育推進機構

趣 旨

能動的学修(アクティブラーニング)への全学的な転換を弘前大学で推奨するための調査・研究の一環として,林一雅先生(東京大学教養学部附属教養教育高度化機構アクティブラーニング部門,特任助教)を招聘し,FD講演会を開催いたします。

東京大学教養学部附属教養教育高度化機構アクティブラーニング部門は,アクティブラーニングを採り入れた学士課程教育を教育工学の視点から支援する目的で,駒場アクティブラーニングスタジオ(KALS)の整備・活用を推進しています。そこで林先生に,マギル大学(カナダ)や東京大学などの先駆的な事例をご紹介いただきます。そして,このFD講演会が,アクティブラーニングの環境整備の在り方について議論する一助となることを期待します。

研修日程

13:00 会場受付

13:20 開会挨拶 中根明夫(理事・教育担当,副学長)

13:30 講演 林一雅(東京大学 特任助教)

質疑応答(40分)を含む。

研修対象者

1)弘前大学教職員

2)他大学からの希望者

担当:弘前大学 学務部教務課 TEL: 0172-39-3103

E-mail: jm3103@cc.hirosaki-u.ac.jp

【お知らせ】弘前大学学位記授与式及び入学式の日程について

○平成25年度秋季学位記授与式 平成25年9月30日(月)

時間:午前10時30分~午前11時00分

場所: 弘前大学事務局3F 大会議室

○平成25年度秋季入学式    平成25年10月1日(火)

時間:午前10時30分~午前11時00分

場所: 弘前大学事務局3F 大会議室

○平成25年度学位記授与式 平成26年3月20日(木)

 ・弘前大学大学院学位記授与式  午前9時00分~午前10時00分

場所: 弘前大学創立50周年記念会館みちのくホー

・弘前大学学位記授与式

第1部(人文学部・教育学部) 午前11時00分~正午

第2部(医学部・理工学部・農学生命科学部) 午後1時30分~午後2時30分

場所:弘前市民会館(弘前市大字下白銀町1番地6)

○平成26年度入学式 平成26年4月8日(火)

・弘前大学大学院入学式    午前9時00分~午前10時00分

場所: 弘前大学創立50周年記念会館みちのくホール

・弘前大学入学式

第1部(人文学部・教育学部) 午前11時00分~正午

第2部(医学部・理工学部・農学生命科学部) 午後1時30分~午後2時30分

場所:弘前市民会館(弘前市大字下白銀町1番地6)

15 / 22« 先頭...10...1314151617...20...最後 »