インフォメーション

【平成25年12月4日】弘前大学FDワークショップ(第16回)開催

平成25年度弘前大学FDワークショップ(第16回)を下記のとおり、開催します。

皆さまの参加をお待ちしております!

テーマ:学生のアクティブ・ラーニングを評価し,彼らの学習成果の測定に用いる

日  時:平成25年12月4日(水)13:00~18:00

会  場:弘前大学創立50周年記念会館2階「岩木ホール」

主  催:弘前大学教育推進機構

趣  旨

弘前大学は,学生の能動的学修(アクティブ・ラーニング)を学士課程教育で促進する方策として,ディスカッションやディベートといった双方向型学修や,自らの課題に自ら取り組む問題解決型学修などを中心とした授業への転換を,昨年度より全学で進めている。

そこで,本ワークショップでは,学生の主体的な学修(授業中のパフォーマンス)を,どのように評価し,その評価を,どのように学習成果の測定に用いるべきかを検討する。というのも,能動的学修による学生の学習成果を従来の筆記テストのみで正確に測ることは,難しいためである。加えて,能動的学修の評価の基準をシラバス上で明確にすることは,その科目の到達目標(能動的学修で学生に身に付けてほしい技能や態度)を明らかにすることでもある。

研修内容

1) 挨拶(教育担当理事 中根明夫)

2) 講演(京都大学高等教育研究開発推進センター 松下佳代教授)

【パフォーマンス評価の方法と学習成果の測定】(案)

3) 部局の模擬授業例

医学系

英語科教育方法論(教育学部)

4) グループ討議・発表(成績評価基準・シラバスの修正)

5) 総括討論

研修対象者

    • 各学部・研究科(各5名程度)及び基礎ゼミ担当の教員
    • 弘前大学非常勤講師ならびに他大学の希望者(若干名)

※弘前大学非常勤講師ならびに他大学からの参加者も,ワークショップに参加いただけます。ただし,参加希望者多数の場合は抽選を行い,その結果によっては傍聴のみとなることもありますので,ご了承願います。なお,ワークショップへの参加を希望される場合は,事前にその旨申し出願います。ワークショップへの参加が可能な場合には,おってご連絡いたします。

予定される参加者

・教育担当理事

・教育推進機構会議委員

・教育推進室員

・本学教員35名程度

・弘前大学非常勤講師ならびに他大学からの参加者(若干名)

・グループ構成:1グループ約5~6名,合計7グループ

・事務担当者:若干名

FDワークショップポスター

FDワークショップ実施要項

第24回 教育推進室会議【平成25年10月9日】

日 時: 平成25年10月9日(水) 8:40~

場 所: 総合教育棟1階 教育担当理事室

議 題

1.「基礎ゼミ」について

2.科目ナンバリングについて

3.その他

平成25年度「HIROSAKIはやぶさカレッジ」入校式を行いました

10月1日(火)、事務局大会議室において、平成25年度弘前大「HIROSAKIはやぶさカレッジ」の入校式を行いました。「HIROSAKIはやぶさカレッジ」とは、英語圏とアジア圏の短期海外留学、英語による修了研修などを必修とした、グローバル人材育成のための2年間の特別な教育課程を提供するプログラムです。

入校式には、佐藤 敬学長(校長)、中根明夫理事・副学長(副校長)をはじめ、理事・監事・学長特別補佐・学部長らが出席するとともに、第1期の入校生として人文学部から3名、医学部保健学科から1名、農学生命科学部から1名の計5名が出席しました。

入校式では、佐藤校長が「この制度を有効活用し、英語コミュニケーション能力の向上と国際人として自ら取り組む努力をしてほしい」と挨拶。また、入校生を代表して吉川和亨さんから「語学と文化力だけでなく、国際社会で強く生き抜く力を身につけたい」と将来の抱負が述べられました。

入校式終了後には、佐藤校長,中根副校長と入校生との懇談会が行われ、終始和やかな雰囲気での歓談となりました。

今後、入校生は言語コミュニケーション能力、多文化環境における共生力、自文化の足元を相対化しながらみつめる力を身につけ、卒業までに15単位以上の授業科目の修得を目指すことになります。

 

 

第23回 教育推進室会議【平成25年9月27日】

日 時  : 平成25年9月27日(金)11:00~

場 所 : 総合教育棟1階 教育担当理事室

議 題

1.「基礎ゼミ」について

2.科目ナンバリングについて

3.その他

(1) 認証評価自己評価書に関わる確認事項について

【平成25年10月18日】弘前大学講演会「課題解決型学習の実践と課題」開催

文部科学省 産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業

平成25年度 弘前大学講演会「課題解決型学習の実践と課題」開催のご案内

開催趣旨

弘前大学では,文部科学省GP「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」の採択を受け,社会的・職業的に自立し,産業界のニーズに対応した人材育成の取組みを行ってきました。この事業において弘前大学は,「地域企業と実践する課題解決型学習による主体的な学び」を取組テーマとして掲げ,人文学部と農学生命科学部を中心に課題解決型学習(PBL)に積極的に取り組んでいます。

そうした取組は,学生の学習に対する主体性を高めるなど効果を上げてきている一方で,効果的な課題解決型学習はどのようなものか,また,学生の評価をどのように行えばよいのかなどの課題も明らかになってきています。

そこで,効果的な課題解決型学習の取り組み方やその課題について,先進的な取組を行っている大学の事例報告をもとに考えていくことを目的とした講演会を開催します。

この講演会を通して,学生の社会人基礎力の向上,また,学生が将来のキャリアを考えるため機会として,課題解決型学習を教育にどのように取り込み,実践していけばよいのか,参加者とともに考えていきたいと思います。

1.日  時: 平成25年10月18日(金)13:00~15:30

2.会  場: 弘前大学創立50周年記念会館岩木ホール

3.プログラム

(12:30~)  【受付開始】

13:00~13:05  開会挨拶  弘前大学理事(教育担当)  中根 明夫

13:10~13:55  基調講演1

演題:課題解決型学習で「企業が求める力」は育成できるのか

北九州市立大学キャリアセンター 准教授 見舘 好隆 氏

13:55~14:45  基調講演2

演題:課題解決型学習による農力の育成

新潟大学農学部 教授 箕口 秀夫 氏

14:45~15:25  意見交換

15:25~15:30  閉会挨拶  弘前大学人文学部長  今井 正浩

4.参加対象

本学教職員,学園都市ひろさき高等教育機関コンソーシアム加盟大学教職員,その他関係機関

5.参 加 費: 無料

6.主  催: 国立大学法人弘前大学

7.参加申込

参加を希望される場合は,氏名・所属・電話番号・メールアドレスを記載のうえ,下記担当まで平成25年10月9日(水)までに,eメール等でお申し込みください。

【問い合わせ先】:弘前大学人文学部 地域連携人材育成事業事務局(総合教育棟2階)

TEL:0172-39-3978(担当:中屋敷)E-mail:gp@cc.hirosaki-u.ac.jp

ポスター(PDF)

20 / 34« 先頭...10...1819202122...30...最後 »