(平成16年4月1日制定規程第120号)
改正
平成22年2月19日規程第4号
平成22年3月17日規程第11号
平成23年3月14日規程第15号
平成24年2月24日規程第46号
平成25年2月20日規程第11号
平成26年2月14日規程第18号
平成27年2月18日規程第9号
平成27年3月20日規程第19号
平成27年9月14日規程第192号
平成28年2月15日規程第10号
平成29年2月22日規程第21号
(趣旨)
(専攻及びコース並びに専攻分野)
博士前期課程
専攻コース
理工学数理科学,物理科学,物質創成化学,地球環境学,電子情報工学,知能機械工学,新エネルギー創造工学,社会人入学特別
博士後期課程
専攻専攻分野
機能創成科学機能材料科学,材料プロセス工学
安全システム工学環境安全科学,システム工学
(教育研究上の目的)
(教育研究組織)
(研究科担当教員)
(研究指導教員及び研究指導補助教員)
(教育方法)
(教育方法の特例)
(授業科目及び単位)
(履修方法)
(履修科目の届出)
(他大学大学院における授業科目の履修)
(他大学大学院等における研究指導)
(入学前の既修得単位の認定)
(留学)
(単位修得の認定)
(試験)
(追試験)
(成績)
 100~90
 89~80
 79~70
 69~60
不可 59以下
(コース・専攻分野の変更)
(学位論文の提出資格)
(最終試験)
(課程修了の認定)
(教育職員免許状)
専攻コース取得できる免許状
種類教科
理工学数理科学中学校教諭専修免許状
高等学校教諭専修免許状
数学
物理科学理科
物質創成化学
地球環境学
電子情報工学高等学校教諭専修免許状情報
知能機械工学工業
新エネルギー創造工学中学校教諭専修免許状
高等学校教諭専修免許状
理科
高等学校専修免許状工業
社会人入学特別主専門教育コース:数理科学中学校教諭専修免許状
高等学校教諭専修免許状
数学
主専門教育コース:物理科学,物質創成化学,地球環境学理科
主専門教育コース:電子情報工学高等学校教諭専修免許状情報
主専門教育コース:知能機械工学工業
主専門教育コース:新エネルギー創造工学中学校教諭専修免許状
高等学校教諭専修免許状
理科
高等学校教諭専修免許状工業
(科目等履修生)
(研究生)
(特別研究学生)
(聴講生)
(特別聴講学生)
(その他)
別表第1(第7条関係)
専攻コース科目区分授業科目単位数1年次2年次合計単位備考
必修選択前期後期前期後期
理工学専攻数理科学コース専門科目数理科学特別講義 22   2履修方法
・専門科目と専攻内共通科目の必修科目は8単位を修得すること。
・専門科目の選択の中から6科目12単位以上を修得すること。
・他コースの専門科目の選択の中から3科目6単位以上を修得すること。
・総合科目は選択科目の中から1科目2単位以上を修得すること。
・合計30単位以上修得すること。ただし,大学院共通科目及び他研究科の開講する科目から2単位までを修了要件の30単位に含めることができる。
修了要件
・本研究科に2年以上在学すること(特例として1年以上とする場合もある)。
・30単位以上修得すること。
・必要な研究指導を受けたうえ,修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
代数学特論A 22   2
代数学特論B 22   2
代数学特論C 2 2  2
幾何学特論A 22   2
幾何学特論B 2 2  2
解析学特論A 22   2
解析学特論B 2 2  2
解析学特論C 2 2  2
応用数学特論A 22   2
応用数学特論B 22   2
応用数学特論C 2 2  2
確率論特論 2 2  2
最適化理論特論 22   2
数理科学特別研究A2 2   2
数理科学特別研究B2  2  2
専攻内共通科目理工学実習A 11   1
理工学実習B 1 1  1
理工学特別演習A 22   2
理工学特別演習B 2 2  2
理工学特別研究A2 2   2
理工学特別研究B2  2  2
総合科目知的財産論 2 2  2
技術経営特論 2 2  2
プレゼンテーション技法 22   2
科学英語表現法 22   2
インターンシップ実習A 11   1
インターンシップ実習B 1 1  1
インターンシップ実習C 1  1 1
インターンシップ実習D 1   11
84628241154 
物理科学コース専門科目物理科学特別講義 22   2履修方法
・専門科目と専攻内共通科目の必修科目は8単位を修得すること。
・専門科目の選択の中から6科目12単位以上を修得すること。
・他コースの専門科目の選択の中から3科目6単位以上を修得すること。
・総合科目は選択科目の中から1科目2単位以上を修得すること。
・合計30単位以上修得すること。ただし,大学院共通科目及び他研究科の開講する科目から2単位までを修了要件の30単位に含めることができる。
修了要件
・本研究科に2年以上在学すること(特例として1年以上とする場合もある)。
・30単位以上修得すること。
・必要な研究指導を受けたうえ,修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
固体物理学特論 22   2
構造物性特論 2 2  2
超伝導物理学特論 2 2  2
半導体物理学特論 22   2
半導体表面物性特論 2 2  2
界面・薄膜物理学特論 2 2  2
微細構造科学特論 2 2  2
放射光科学特論 22   2
固体分光学特論 22   2
宇宙線シミュレーション 22   2
宇宙物理学特論 2 2  2
素粒子論的宇宙論特論 22   2
物理科学特別研究A2 2   2
物理科学特別研究B2  2  2
専攻内共通科目理工学実習A 11   1
理工学実習B 1 1  1
理工学特別演習A 22   2
理工学特別演習B 2 2  2
理工学特別研究A2 2   2
理工学特別研究B2  2  2
総合科目知的財産論 2 2  2
技術経営特論 2 2  2
プレゼンテーション技法 22   2
科学英語表現法 22   2
インターンシップ実習A 11   1
インターンシップ実習B 1 1  1
インターンシップ実習C 1  1 1
インターンシップ実習D 1   11
84426241152 
物質創成化学コース専門科目物質創成化学特別講義 22   2履修方法
・専門科目と専攻内共通科目の必修科目は8単位を修得すること。
・専門科目の選択の中から6科目12単位以上を修得すること。
・他コースの専門科目の選択の中から3科目6単位以上を修得すること。
・総合科目は選択科目の中から1科目2単位以上を修得すること。
・合計30単位以上修得すること。ただし,大学院共通科目及び他研究科の開講する科目から2単位までを修了要件の30単位に含めることができる。
修了要件
・本研究科に2年以上在学すること(特例として1年以上とする場合もある)。
・30単位以上修得すること。
・必要な研究指導を受けたうえ,修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
界面化学特論 2 2  2
有機合成化学特論 2 2  2
無機化学特論 22   2
光・電子機能材料特論 22   2
分析化学特論 22   2
機器分析化学特論 2 2  2
分子工学特論 2 2  2
分子分光学特論 2 2  2
有機光化学特論 22   2
環境化学特論 22   2
高分子化学特論 2 2  2
生物有機化学特論 2 2  2
量子化学特論 2 2  2
錯体化学特論 222
固体化学特論 222
物質創成化学特別研究A2 2   2
物質創成化学特別研究B2  2  2
専攻内共通科目理工学実習A 11   1
理工学実習B 1 1  1
理工学特別演習A 22   2
理工学特別演習B 2 2  2
理工学特別研究A2 2   2
理工学特別研究B2  2  2
総合科目知的財産論 2 2  2
技術経営特論 2 2  2
プレゼンテーション技法 22   2
科学英語表現法 22   2
インターンシップ実習A 11   1
インターンシップ実習B 1 1  1
インターンシップ実習C 1  1 1
インターンシップ実習D 1   11
85028281158 
地球環境学コース専門科目地球環境学特別講義 22   2履修方法
・専門科目と専攻内共通科目の必修科目は8単位を修得すること。
・専門科目の選択の中から6科目12単位以上を修得すること。
・他コースの専門科目の選択の中から3科目6単位以上を修得すること。
・総合科目は選択科目の中から1科目2単位以上を修得すること。
・合計30単位以上修得すること。ただし,大学院共通科目及び他研究科の開講する科目から2単位までを修了要件の30単位に含めることができる。
修了要件
・本研究科に2年以上在学すること(特例として1年以上とする場合もある)。
・30単位以上修得すること。
・必要な研究指導を受けたうえ,修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
粒子線天文学特論 22   2
一般相対性理論特論 22   2
理論天文学特論 2 2  2
気象学特論 22   2
境界層気象学特論 2 2  2
降水気候学特論 222
環境地球化学特論 222
固体地球物理学特論 2 2  2
固体地球化学特論 22   2
地球環境変遷学特論A 22   2
地球環境変遷学特論B 2 2  2
自然災害科学特論 222
防災地質学特論 22   2
都市防災工学特論 22   2
防災構造工学特論 2 2  2
建設防災工学特論 22   2
地球環境学特別研究A2 2   2
地球環境学特別研究B2  2  2
専攻内共通科目理工学実習A 11   1
理工学実習B 1 1  1
理工学特別演習A 22   2
理工学特別演習B 2 2  2
理工学特別研究A2 2   2
理工学特別研究B2  2  2
総合科目知的財産論 2 2  2
技術経営特論 2 2  2
プレゼンテーション技法 22   2
科学英語表現法 22   2
インターンシップ実習A 11   1
インターンシップ実習B 1 1  1
インターンシップ実習C 1  1 1
インターンシップ実習D 1   11
85234241160 
電子情報工学コース専門科目電子情報工学特別講義 22   2履修方法
・専門科目と専攻内共通科目の必修科目は8単位を修得すること。
・専門科目の選択の中から6科目12単位以上を修得すること。
・他コースの専門科目の選択の中から3科目6単位以上を修得すること。
・総合科目は選択科目の中から1科目2単位以上を修得すること。
・合計30単位以上修得すること。ただし,大学院共通科目及び他研究科の開講する科目から2単位までを修了要件の30単位に含めることができる。
修了要件
・本研究科に2年以上在学すること(特例として1年以上とする場合もある)。
・30単位以上修得すること。
・必要な研究指導を受けたうえ,修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
電子計測工学特論 22   2
電子応用工学特論 22  2
情報計測工学特論 22   2
薄膜電子工学特論 22   2
グリーンデバイス特論 22   2
組込みシステム物理検証特論 222
画像工学特論 222
画像情報処理特論 2 2  2
ソフトウェア科学特論 22   2
データベース特論 22   2
アルゴリズム特論 22   2
ソフトコンピューティング特論 2 2  2
認知科学特論 22   2
バイオインフォマティクス特論 2 2  2
高品質LSI設計技術特論 22   2
アーキテクチャ特論 2 2  2
情報セキュリティ特論 22   2
コンピュータネットワーク特論 2 2  2
ディペンダブルシステム特論 2 2  2
計算科学特論 2 2  2
電子情報工学特別研究A2 2   2
電子情報工学特別研究B2  2  2
専攻内共通科目理工学実習A 11   1
理工学実習B 1 1  1
理工学特別演習A 22   2
理工学特別演習B 2 2  2
理工学特別研究A2 2   2
理工学特別研究B2  2  2
総合科目知的財産論 2 2  2
技術経営特論 2 2  2
プレゼンテーション技法 22   2
科学英語表現法 22   2
インターンシップ実習A 11   1
インターンシップ実習B 1 1  1
インターンシップ実習C 1  1 1
インターンシップ実習D 1   11
86038281168 
知能機械工学コース   知能機械工学特別講義 22   2履修方法
・専門科目と専攻内共通科目の必修科目は8単位を修得すること。
・専門科目の選択の中から6科目12単位以上を修得すること。
ただし,機械システム分野又は健康科学システム分野選択者は,選択分野から4科目8単位以上を修得すること。
・他コースの専門科目の選択の中から3科目6単位以上を修得すること。
・総合科目は選択科目の中から1科目2単位以上を修得すること。
・合計30単位以上修得すること。ただし,大学院共通科目及び他研究科の開講する科目から2単位までを修了要件の30単位に含めることができる。
修了要件
・本研究科に2年以上在学すること(特例として1年以上とする場合もある)。
・30単位以上修得すること。
・必要な研究指導を受けたうえ,修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
専門科目機械システム工学分野材料機能評価学特論A 22   2
材料機能評価学特論B 2 2  2
材料設計学特論A 222
材料設計学特論B 222
輸送現象特論A 222
輸送現象特論B 222
流体工学特論 22   2
システム計測工学特論 222
知能制御工学特論 2 2  2
健康科学システム分野医療機器特論 22   2
医用検査機器特論 2 2  2
医用計測工学特論A 222
医用計測工学特論B 222
医用機器学特論 222
生体機器学特論A 222
生体機器学特論B 222
薬事法令特論 22   2
健康科学総合研究A 2 2  2
健康科学総合研究B 22   2
  知能機械工学特別研究A2 2   2
 知能機械工学特別研究B2  2  2
専攻内共通科目理工学実習A 11   1
理工学実習B 1 1  1
理工学特別演習A 22   2
理工学特別演習B 2 2  2
理工学特別研究A2 2   2
理工学特別研究B2  2  2
総合科目知的財産論 2 2  2
技術経営特論 2 2  2
プレゼンテーション技法 22   2
科学英語表現法 22   2
インターンシップ実習A 11   1
インターンシップ実習B 1 1  1
インターンシップ実習C 1  1 1
インターンシップ実習D 1   11
85834301166 
新エネルギー創造工学コース専門科目新エネルギー創造工学特別講義 22   2履修方法
・専門科目と専攻内共通科目の必修科目は8単位を修得すること。
・専門科目の選択の中から6科目12単位以上を修得すること。
・他コースの専門科目の選択の中から3科目6単位以上を修得すること。
・総合科目は選択科目の中から1科目2単位以上を修得すること。
・合計30単位以上修得すること。ただし,大学院共通科目及び他研究科の開講する科目から2単位までを修了要件の30単位に含めることができる。
修了要件
・本研究科に2年以上在学すること(特例として1年以上とする場合もある)。
・30単位以上修得すること。
・必要な研究指導を受けたうえ,修士論文の審査及び最終試験に合格すること。 
エネルギー変換デバイス特論 222
風力エネルギー特論 222
電磁エネルギー工学特論 2 2  2
循環型エネルギーシステム特論 22   2
バイオマスエネルギー特論 2 2  2
地熱エネルギー特論 22   2
地熱流体化学特論 2 2  2
自然エネルギー材料技術特論 222
生物資源探査学特論 222
電池材料工学特論 222
電池設計工学特論 222
エネルギー気象学特論 222
エネルギー物性物理学特論 222
エネルギー材料プロセス特論 222
ガスハイドレート資源学特論 222
新エネルギー創造工学特別研究A2 2   2
新エネルギー創造工学特別研究B2  2  2
専攻内共通科目理工学実習A 11   1
理工学実習B 1 1  1
理工学特別演習A 22   2
理工学特別演習B 2 2  2
理工学特別研究A2 2   2
理工学特別研究B2  2  2
総合科目知的財産論 2 2  2
技術経営特論 2 2  2
プレゼンテーション技法 22   2
科学英語表現法 22   2
インターンシップ実習A 11   1
インターンシップ実習B 1 1  1
インターンシップ実習C 1  1 1
インターンシップ実習D 1   11
85028281158 
社会人入学特別コース専門科目理工学調査研究A2 2   2履修方法
・必修科目は20単位を修得すること。
・主専門教育コース選択科目から4科目8単位以上を修得すること。
ただし,知能機械工学コース選択者は機械システム分野又は健康科学システム分野を選択し,選択分野から3科目6単位以上を修得すること。
・副専門教育コース選択科目から1科目2単位以上を修得すること。
・合計40単位以上修得すること。ただし,大学院共通科目及び他研究科の開講する科目から2単位までを修了要件の40単位に含めることができる。
修了要件
・本研究科に2年以上在学すること(特例として1年以上とする場合もある)。
・40単位以上修得すること。
・必要な研究指導を受けたうえ,修士調査報告書の審査及び最終試験に合格すること。
理工学調査研究B2  2  2
理工学調査研究C4 4   4
理工学調査研究D4  4  4
主専門教育コース及び副専門教育コース科目数理科学コース数理科学特別講義 22   2
代数学特論A 22   2
代数学特論B 22   2
代数学特論C 2 2  2
幾何学特論A 22   2
幾何学特論B 2 2  2
解析学特論A 22   2
解析学特論B 2 2  2
解析学特論C 2 2  2
応用数学特論A 22   2
応用数学特論B 22   2
応用数学特論C 2 2  2
確率論特論 2 2  2
最適化理論特論 22   2
物理科学コース物理科学特別講義 22   2
固体物理学特論 22   2
構造物性特論 2 2  2
超伝導物理学特論 2 2  2
半導体物理学特論 22   2
半導体表面物性特論 2 2  2
界面・薄膜物理学特論 2 2  2
微細構造科学特論 22  2
放射光科学特論 22   2
固体分光学特論 22   2
宇宙線シミュレーション 22   2
宇宙物理学特論 2 2  2
素粒子論的宇宙論特論 22   2
物質創成化学コース物質創成化学特別講義 22   2
界面化学特論 2 2  2
有機合成化学特論 2 2  2
無機化学特論 22   2
光・電子機能材料特論 22   2
分析化学特論 22   2
機器分析化学特論 2 2  2
分子工学特論 2 2  2
分子分光学特論 2 2  2
有機光化学特論 22   2
環境化学特論 22   2
高分子化学特論 2 2  2
生物有機化学特論 2 2  2
量子化学特論 2 2  2
錯体化学特論 222
固体化学特論 222
地球環境学コース地球環境学特別講義 22   2
粒子線天文学特論 22   2
一般相対性理論特論 22   2
理論天文学特論 2 2  2
気象学特論 22   2
境界層気象学特論 2 2  2
降水気候学特論 222
環境地球化学特論 222
固体地球物理学特論 2 2  2
固体地球化学特論 22   2
地球環境変遷学特論A 22   2
地球環境変遷学特論B 2 2  2
自然災害科学特論 222
防災地質学特論 22   2
都市防災工学特論 22   2
防災構造工学特論 2 2  2
建設防災工学特論 22   2
電子情報工学コース電子情報工学特別講義 22   2
電子計測工学特論 22   2
電子応用工学特論 22  2
情報計測工学特論 22   2
薄膜電子工学特論 22   2
グリーンデバイス特論 22   2
組込みシステム物理検証特論 22   2
画像工学特論 222
画像情報処理特論 2 2  2
ソフトウェア科学特論 22   2
データベース特論 22   2
アルゴリズム特論 22   2
ソフトコンピューティング特論 2 2  2
認知科学特論 22   2
バイオインフォマティクス特論 2 2  2
高品質LSI設計技術特論 22   2
アーキテクチャ特論 2 2  2
情報セキュリティ特論 22   2
コンピュータネットワーク特論 2 2  2
ディペンダブルシステム特論 2 2  2
計算科学特論 2 2  2
  知能機械工学特別講義 22   2
知能機械工学コース機械システム分野材料機能評価学特論A 22   2
材料機能評価学特論B 2 2  2
材料設計学特論A 222
材料設計学特論B 222
輸送現象特論A 222
輸送現象特論B 222
流体工学特論 22   2
システム計測工学特論 222
知能制御工学特論 2 2  2
健康科学システム分野医療機器特論 22   2
医用検査機器特論 2 2  2
医用計測工学特論A 222
医用計測工学特論B 222
医用機器学特論 222
生体機器学特論A 222
生体機器学特論B 222
薬事法令特論 22   2
健康科学総合研究A 2 2  2
健康科学総合研究B 22   2
新エネルギー創造工学コース新エネルギー創造工学特別講義 22   2
エネルギー変換デバイス特論 222
風力エネルギー特論 22  2
電磁エネルギー工学特論 2 2  2
循環型エネルギーシステム特論 22   2
バイオマスエネルギー特論 2 2  2
地熱エネルギー特論 22   2
地熱流体化学特論 222
自然エネルギー材料技術特論 222
生物資源探査学特論 222
電池材料工学特論 222
電池設計工学特論 222
エネルギー気象学特論 222
エネルギー物性物理学特論 222
エネルギー材料プロセス特論 222
ガスハイドレート資源学特論 222
総合科目知的財産論2  2  2
技術経営特論2  2  2
プレゼンテーション技法2 2   2
科学英語表現法2 2   2
2023414211200254 
別表第2(第7条関係)
専攻授業科目理系工系の別単位数備考
必修選択
機能創成科学専攻エネルギー変換機能分子特論工系 21 12単位以上を修得すること。
2 所属する専攻が開講する演習2単位を必修とする。
3 理系講義及び工系講義それぞれから2単位以上を必修とする。
4 所属する専攻が開講する講義から6単位以上を修得する。ただし,主指導教員との協議により,他専攻,他研究科,他大学院研究科の開講する講義から2単位まで含めることができる。
機能材料科学工系 2
計算生命物質科学工系 2
最先端機器分析特論工系 2
自己組織化特論工系 2
システム分析科学理系 2
準安定相材料科学特論理系2
生体機能化学特論理系 2
遷移金属クラスター化学特論理系 2
電気化学特論工系2
電子スピン科学特論理系 2
分子材料工学特論工系 2
分子認識化学特論理系 2
有機機能化学特論理系 2
エネルギー材料非平衡プロセス特論工系2
界面物性特論工系 2
強度材料学特論工系 2
金属組織制御学特論工系 2
高エネルギー光物性特論理系 2
高温超伝導物理学理系 2
高信頼LSI論理設計特論工系 2
固体電子論特論理系 2
固体表面ダイナミクス特論工系 2
材料システム評価学特論工系 2
システムLSI物理設計特論工系 2
集積回路組込み特論工系2
信頼性材料工学特論工系 2
先端グリーンデバイス特論工系 2
電磁エネルギー材料工学特論工系 2
電子相関物理特論理系 2
半導体材料プロセス工学特論工系 2
光・熱エネルギー変換特論理系 2
光半導体デバイス特論工系 2
光物性工学特論工系 2
表面顕微科学特論理系 2
物質構造のダイナミクス解析理系 2
放射光固体分光学特論理系 2
レーザープロセッシング特論工系 2
機能創成科学演習1 1 
機能創成科学演習2 1 
機能創成科学演習3  1
機能創成科学演習4  1
機能創成科学実習1  1
機能創成科学実習2  1
機能創成科学特別講義  1
281
安全システム工学専攻維持管理工学特論工系 21 12単位以上を修得すること。
2 所属する専攻が開講する演習2単位を必修とする。
3 理系講義及び工系講義それぞれから2単位以上を必修とする。
4 所属する専攻が開講する講義から6単位以上を修得する。ただし,主指導教員との協議により,他専攻,他研究科,他大学院研究科の開講する講義から2単位まで含めることができる。
宇宙進化特論理系 2
宇宙素粒子物理学特論理系 2
宇宙放射線特論理系 2
エネルギー気象科学特論理系2
海洋リモートセンシング特論工系 2
環境気象学特論理系2
観測的宇宙論特論理系 2
気候システム解析特論理系2
計算宇宙線物理学特論理系 2
現代宇宙物理学特論理系 2
降水気象学特論理系 2
自然エネルギー変換技術特論工系2
地震工学特論工系 2
生命情報解析学特論理系2
耐震工学特論工系 2
地下流体科学特論理系 2
地球環境物質循環特論理系 2
地球内部構造特論理系 2
放射性廃棄物地層処分特論理系2
医用計測制御工学特論工系 2
医用システム工学特論工系2
エクセルギー工学特論工系 2
海洋エネルギー特論工系2
画像計測特論工系2
環境バイオプロセス工学特論工系2
行列解析特論理系 2
曲線・曲面論特論理系 2
群表現特論理系 2
混相流体力学特論工系2
三次元画像認識特論工系 2
振動燃焼工学特論工系 2
数理計画特論理系 2
生体システム工学特論工系2
生体情報計測特論工系2
セキュリティ信号処理特論工系 2
知能ロボティクス特論工系 2
超越数特論理系 2
電極材料設計工学特論工系2
熱流体工学特論工系 2
燃料電池工学特論工系 2
偏微分方程式特論理系 2
離散アルゴリズム特論理系 2
離散力学系特論理系 2
安全システム工学演習1 1 
安全システム工学演習2 1 
安全システム工学演習3  1
安全システム工学演習4  1
安全システム工学実習1  1
安全システム工学実習2  1
安全システム工学特別講義  1
293