(平成16年4月1日制定規程第131号)
改正
平成22年3月17日規程第14号
平成23年3月14日規程第16号
平成24年2月24日規程第47号
平成25年2月6日規程第5号
平成26年2月14日規程第19号
平成27年3月20日規程第20号
平成27年9月14日規程第198号
平成28年2月15日規程第11号
平成29年2月22日規程第22号
(趣旨)
(専攻及びコース並びに教育研究プログラム)
専攻コース
農学生命科学生物学,分子生命科学,生物資源学,園芸農学,
地域環境工学
プログラムプログラムの内容
学術研究プログラム研究者養成を目指し,特定の分野をより深く学ぶ。
実践研究プログラム
(社会人入学者対応型実践研究プログラム)
社会で活躍できる人材を育成し,関連の専門分野を含め,より広く専門知識を身に付ける。
(教育研究上の目的)
(研究科担当教員)
(研究指導教員及び研究指導補助教員)
(教育方法)
(教育方法の特例)
(授業科目及び単位)
(履修方法)
(履修科目の届出)
(他大学大学院における授業科目の履修)
(入学前の既修得単位の認定)
(留学)
(単位修得の認定)
(試験)
(追試験)
(成績)
 100~90
 89~80
 79~70
 69~60
不可 59以下
(コースの変更)
(修士論文の提出資格)
(最終試験)
(修士課程修了の認定)
(教育職員免許状)
種類・教科免許状の種類・教科
中学校教諭専修免許状高等学校教諭専修免許状
専攻
農学生命科学理科理科
農業
(科目等履修生)
(研究生)
(聴講生)
(特別聴講学生)
(その他)
別紙(第7条関係)