弘前大学 白神自然環境研究所 白神山地で学び世界を見つめる

白神自然環境研究所

所長ご挨拶

白神自然環境研究所 所長世界自然遺産にもなっている白神山地、弘前大学白神自然環境研究所では、標高は低いながら変化に富んだ動物・植物相からなる生態系やそれを支えている地形・地質や気象、自然を資源としても利用してきた文化などを研究しています。そして、山に入り込み頭と体をフルに動かして、自然環境とそれを理解するのに必要な科学を勉強する環境教育を進めています。
変動を続ける地球の歴史の中で作られてきた白神山地の自然は、危惧される最近の環境変化の影響を監視する貴重な場でもあります。研究・教育の成果を、地域とともに活用し世界へ発信して参ります。

弘前大学白神自然環境研究所長 檜垣 大助

白神自然環境研究所の専任・兼任メンバーのご紹介

設立の経緯

白神山地で学び、世界をみつめる。

青森、秋田両県境に位置する白神山地はその一部の約17,000haがUNESCOの世界自然遺産に登録されています。ここには東アジアで最大規模の原生的なブナ林が広がっており、ブナを中心に多様な動植物が生息、生育しています。生物多様性の実態を生態系から遺伝子のレベルまで明らかにする研究は、今後大いに推進すべき価値があります。

現在、白神山地は地球温暖化などの地球規模の環境変動、外来種の移入などの影響にさらされており、将来的にはブナ林の大幅な縮小も懸念されています。このため、生物多様性の調査研究を詳細に行うことに加えて、動植物標本の収集や気象、地象に関する基礎データの集積は自然の変化を記録するためにますます重要なものとなっています。また、世界自然遺産である白神山地の自然には国民一般の関心も高いことから、環境教育の場として、また、子供たちの理科離れ対策に資する場としても期待されています。

弘前大学白神自然環境研究所は白神山地の
動植物の分類学的生態学的研究、気象や地象に関わる研究
地球温暖化など環境変化の影響に関わる研究を進めるとともに、
人と自然の関係を見つめなおし、環境教育を推進することを目的として、
2010年10月に設立されました。

沿革

1993年12月 白神山地 UNESCOの世界自然遺産に登録
2003年 5月 弘前大学白神研究会発足
2005年 5月 弘前大学農学生命科学部に白神山地有用資源研究センター設置
2008年 1月 弘前大学農学生命科学部に白神研究センター設置
2009年 4月 学内に白神自然観察園設置,および青森県中津軽郡西目屋村川原平で観察園の整備開始
2010年10月 学内に白神自然環境研究所設置,観察園は研究所の附属施設となる

白神標本百年計画

白神標本百年計画 虫の標本白神山地の動植物の今を記録し、後世に伝えるため、白神自然環境研究所では動植物の標本コレクションの収集に力を入れています。
教員、学生、協力員による収集活動に加えて、個人蔵の標本コレクションの寄贈を積極的に受け入れます。東北地方を中心に採集された昆虫や植物等の標本の寄贈を受け入れます。寄贈された標本には一点ごとに寄贈者名を記し、今後の研究、教育のため大切に保管、活用させて頂きます。
動物部門も併せてご覧ください

白神自然環境研究所 概要

住所 〒036-8561
青森県弘前市文京町3番地 弘前大学コラボ弘大5F 弘前大学文京町キャンパス内
アクセスはこちら
TEL 0172-39-3707
メール メールフォームはこちら

白神自然環境研究所教授会議事要旨

白神自然環境研究所教授会議事要旨をPDF形式でダウンロードいただけます。

平成27年度白神自然環境研究所教授会議事要旨はこちら

調査研究活動 一覧

植物部門動物部門気象・地象部門教育・文化部門

白神自然環境研究所 もう一つの拠点

ページ上部へ戻る