弘前大学 白神自然環境研究所 白神山地で学び世界を見つめる

「昆虫標本の作り方 実践講習会」の開催時間・場所

「昆虫標本の作り方 実践講習会」

講師:中村剛之准教授
2015年 6月15 日 月曜日
13:00より農学生命科学部151教室で開催します。
参加ご希望の方は事前にご連絡いただけますと幸いです。

 

2015年度前半 セミナー&観察会のお知らせ

白神自然環境研究所では、セミナー&観察会を行います。学生・一般市民の方どなたでも参加する事ができます。

1)弘前大学 白神自然環境研究所セミナー 「カムチャツカの春植物、アメリカ西海岸昆虫採集記(仮)」を予定 担当 山岸、中村
日時:2015 年 4月24 日 金曜日 午後17:00 ~18:00

場所:弘前大学 コラボ弘大1階 玄関ホール

 

2)白神自然観察園観察会 「春の観察園付近を歩こう」 担当 未定
日時:2015年5月15 日金曜日 午後13:30(集合)~ 15:00ぐらいまで
集合場所:白神自然観察園(西目屋村)
前日までに事前登録をお願いいたします。
大変申し訳ございませんが、人数が多い場合は、参加をお断りすることもございます。
悪しからずご了承ください。

参加費:100円(保険料として)

 

3)「昆虫標本の作り方 実践講習会」 担当 中村
日:2015年 6月15 日 月曜日
時間・場所はH.Pでお知らせいたします。
ご覧になられない方は直接お問い合わせください。

4)「夜の観察会@白神自然観察園」 担当 中村
日:2015年 7月16 日 木曜日 午後18:00~21:00まで
場所:白神自然観察園(西目屋村)
前日までに事前登録をお願いいたします。
参加費:100円(保険料として)

 

連絡先:白神自然環境研究所 コラボ弘大5階
山岸Tel & Fax  0172-39-3706

弘前大学白神酵母の商品化・ブランド化!!

産学官の研究組織「白神酵母研究会」は平成27年1月28日(水)、弘前のホテルニューキャッスルにて開催された2014年度第2回会合において、「弘前大学白神酵母」を商標登録し、併せてブランドマークを制定したことを発表しました。当研究所の兼任教員でもある殿内暁夫准教授は、2014年度に新たに白神山地内で採取した酵母13株の中にエタノール耐性が高く清酒醸造に向いている可能性のある酵母があることを紹介し、今後は清酒やシードル、ワイン、パンなどに適した酵母の育種も進める考えを示しました。

セミナー「生物情報ネットワークを 構築するためには」が無事終了いたしました。

IMGP3312

弘前大学 白神自然環境研究所主催セミナー「生物情報ネットワークを構築するためには」 ~青森県でみつけて、つないで、発信する~が2月13日に無事に終了いたしました。雪が吹雪く荒天の中、のべ80名以上の参加者の方々が来られました。

参加された皆様、講師の皆様、開催にあたりご協力頂きました皆さまに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。ここで学んだことやご意見を踏まえ、当研究所もより一層積極的に生物情報を利活用できる土台作りに貢献していきたいと思います。

 

 

兼任教員の殿内先生が白神山地でキノコについて新発見!!

ムキタケは一種類のキノコではなかった。

キノコの季節は過ぎてしまいましたが、ムキタケというキノコのことはご存知でしょうか?癖のない味でツルンとした食感をした人気者のキノコです。キノコ採りのエキスパート達の間では、ムキタケには傘が黄色のタイプ(写真1)と、それよりも若干遅く生えてくる緑色のタイプ(写真2)の二種類あることが知られていました。どちらも形はそっくりで味は変わらず、緑色のタイプの方が若干歯ごたえが強いという程度の差しかありません。このたび、農学生命科学部分子生命科学科の殿内准教授のグループが、詳細な菌学的解析と遺伝子配列を用いた分子系統解析によって両者は黄色タイプと緑色タイプは別種であることを明らかにしました。つまり、これまでは二種類のキノコが混同されてムキタケと呼ばれていたということです。同グループはムキタケの和名と学名を整理し、黄色のタイプを和名:ムキタケ・学名:Sarcomyxa edulis、緑色のタイプを和名:オソムキタケ・学名:Sarcomyxa serotinaとすることを日本菌学会会報で提案しました(日本菌学会会報 55: 19-28. 2014: http://ci.nii.ac.jp/naid/40020265950)。

(右)写真1黄色タイプ (左)写真2緑色タイプ

mukitakeosomukitake

 

ページ上部へ戻る