弘前大学 白神自然環境研究所 白神山地で学び世界を見つめる

つがる市にて絶滅危惧種ⅠA類ガシャモクを発見 国内2箇所目の現存する自然個体群、国内の分布北限を大きく更新

つがる市の1湖沼において環境省が定める絶滅危惧IA類(CR)に指定された植物「ガシャモク(ヒルムシロ科)」が新潟大学教育学部 志賀 隆 准教授,首藤光太郎 研究員,市民グループ津軽植物の会,弘前大学白神自然環境研究所 山岸洋貴 助教による合同チームの調査によって確認されました。これまでの国内の北限とされていた場所を500km以上更新する新産地の発見です。またこれまで自然集団は福岡県北九州市の一湖沼のみで知られており、今や幻の水草となっています。

またこの発見を広く皆様に知っていただく為に2017年12月11日(月曜日)17:00よりつがる市生涯学習交流センター「松の館」交流ホールにて、公開シンポジウム「未来へつなぐ~津軽半島の豊かな自然~」を開催いたします。講師には、第一発見者である新潟大学教育学部の首藤光太郎氏のほか、北九州市においてガシャモクの保全活動に関わっていらっしゃる方などを招待し、ご講演していただく予定です。おおよそ2時間ほどを予定しており、入場無料です。事前申し込みも必要ありません。多くの方のご参加をお待ちしております。どうぞお越しください。

弘前大学資料館第16回企画展 「白神山地の豊かな自然とその変化」の開催

2017年9月4日から10月21日まで弘前大学資料館にて白神自然環境研究所主催「白神山地の豊かな自然とその変化」を開催します。主に研究所スタッフが撮りためた白神山地の写真や研究活動の紹介、研究内容の一部などを展示しております。入場は無料です。近くまでお越しの方は是非ともご覧ください。お待ちしております。

白神自然観察園 クマ出没の為、一般の入園は制限いたします。 2017年7月31日

弘前大学白神自然観察園(西目屋村川原平)周辺におきましてツキノワグマの目撃がありました(2017年7月30日)。周辺部でも同じように目撃例があり、また日中に人気のある管理棟付近をうろついていることから散策に来られた方との偶発的な接触が懸念されます。前回同様、当面の間、クマの行動を注視したく思いますので、一般の散策に関しましてやむ得ない場合を除いて立ち入りはご遠慮させていただきたく思います。安全面からの措置ですので、どうかご理解賜りますようお願い申し上げます。

研究等などで入園される際には、

1. 管理棟に立ち寄っていただき最新の情報を手に入れてください。また緊急時の対応の為、記帳をお願いいたします。
2. 園内は至る所視界が悪くなっております。鈴の携帯などクマに存在を示す措置をとって入園ください。
3. 複数人で行動するように心がけてください。

入園制限の解除あるいは今後の措置などは本HPなどでお知らせいたします。

白神山地のきのこ、データベース検索サイトを開設

弘前大学白神自然環境研究所では、白神山地で発生するきのこをデータベース化して検索できるサイトを新たに一般公開いたしました。現在186種のきのこを掲載しています。これはすべて西目屋村川原平にある白神自然観察園内で実際に発生が確認されたきのこの一部で、写真も園内で撮影されたものです。このDBは白神きのこの会(原田幸雄会長)のご協力のもと製作し、白神自然環境研究所より発刊している白神自然観察園のきのこが情報のベースになっています。今後も情報を増やし、より内容を充実していきたいと思います。みなさまにご活用いただければと思います。

※きのこの同定に関しては知識・経験が必要です。特に食毒に関しては安易な判断をせず、有識者から情報を得るなどして十分に注意してください。

白神自然観察園の入場制限解除のお知らせ 2017年7月20日 ⇒ 再度入場制限

ツキノワグマの出没のために6月27日より立ち入りをご遠慮いただいておりましたが、7月21日より利用を再開します。なお、クマの生息域であることから、十分に注意して遊歩道をご利用ください。

1 / 612345...最後 »
ページ上部へ戻る