弘前大学 白神自然環境研究所 白神山地で学び世界を見つめる

白神自然観察園の入場制限解除のお知らせ 2017年7月20日

ツキノワグマの出没のために6月27日より立ち入りをご遠慮いただいておりましたが、7月21日より利用を再開します。なお、クマの生息域であることから、十分に注意して遊歩道をご利用ください。

白神自然観察園(西目屋村川原平)における熊の出没&立ち入り制限につきまして 2017年6月30日 ⇒7月20日解除になりました。

弘前大学白神自然観察園(西目屋村川原平)周辺におきましてツキノワグマの目撃がありました(2017年6月27日)。周辺部でも同じように目撃例があり、また日中に人気のある管理棟付近をうろついていることから散策に来られた方との偶発的な接触が懸念されます。当面、クマの行動を注視したく思いますので、しばらくの間、一般の散策に関しましてやむ得ない場合を除いて立ち入りはご遠慮させていただきたく思います。安全面からの措置ですので、どうかご理解賜りますようお願い申し上げます。

研究等などで入園される際には、

1. 管理棟に立ち寄っていただき最新の情報を手に入れてください。また緊急時の対応の為、記帳をお願いいたします。
2. 園内は至る所視界が悪くなっております。鈴の携帯などクマに存在を示す措置をとって入園ください。
3. 複数人で行動するように心がけてください。

入園制限の解除あるいは今後の措置などは本HPなどでお知らせいたします。

白神自然環境研究所2017年オリジナルカレンダー

毎年好評を頂いておりますオリジナルカレンダーですが、2017年よりデジタルデータをH.P.にて公開することになりました。ご自由にダウンロードして頂き、お楽しみくだされば幸いです。

カレンダーはこちら→Shirakam_Inst

 

白神自然観察園 冬期閉鎖のお知らせ

白神自然観察園は2016年12月1日から冬季閉鎖になります。
なお,11月30日はトイレ等水道関係は利用できませんので御了承願います。
来季は,2017年5月2日を開園日として予定しております。

お知らせ⇒こちら

弘前大学白神自然環境研究所シンポジウム 「自然史情報と市民研究家の活躍」の開催につきまして

白神シンポ1

弘前大学白神自然環境研究所では、2016年3月4日に公開シンポジウム「自然史情報と市民研究家の活躍」を開催いたします。ご興味のございます方は是非ともご参加ください。事前登録は不要です。

地域の動物相・植物相についての情報、RDB 作成などの各種の自然保護施策を検討する上で必要な自然史情報の多くは市民研究家(アマチュア研究家)のボランタリーな活動によって収集,蓄積されたものです。これまで、各地の同好会や愛好会などの組織がこうした人々を束ね、会誌などを通して情報の交換、発信を行ってきましたが、生物多様性保全の重要性が広く認識されるようになった今日、残念なことに会員の高齢化や人材不足によって同好会等の組織の多くは存続が危ぶまれています。このシンポジウムでは、市民研究家がこれまで果たして来た役割と重要性について今一度考え、また彼らの活動を支援し活性化する方法についても議論したいと思います。

昨年度に行いましたセミナー「自然情報ネットワークを構築するには」の第2弾になります。

日時:2016 年3月4 日(金) 13 時00 分〜17 時00 分
場所:弘前大学創立50 周年記念会館みちのくホール
【趣旨説明】 山岸洋貴(弘前大学白神自然環境研究所)
【講演】 松本吏樹郎学芸員(大阪市立自然史博物館)
「博物館とアマチュア自然史研究家たち」
前田綾子研究員(高知県立牧野植物園)
「高知県植物誌とこれからの協働体制」
木村 啓 氏(津軽植物の会)
「津軽植物の会,53 年間の活動から」
大八木昭氏(下北自然学巣)
「「北のフィールドノート」的な自然誌探究」
中村剛之(弘前大学白神自然環境研究所)
「青森県の自然史研究団体今昔」
【パネルディスカッション】

後援 青森県, 環境省東北地方環境事務所,青森市森林博物館, 津軽昆虫同好会,
弘前大学白神研究会, 白神きのこの会 ほか

※連絡先:弘前大学白神自然環境研究所 中村剛之
E-mail: dhalma(@)hirosaki-u.ac.jp (@)は@です。
電話 & FAX:0172-39-3707

もしくは山岸洋貴
E-mail: hyama(@)hirosaki-u.ac.jp (@)は@です。
電話 & FAX:0172-39-3706

 

 

1 / 612345...最後 »
ページ上部へ戻る