弘前大学
サイト内検索 Powered by Google

ホーム学生生活>奨学制度


■奨学金について

1.日本学生支援機構

 日本学生支援機構は独立行政法人日本学生支援機構法に基づき,教育の機会均等に寄与するために学資の貸与,その他学生等の修学の援助等を行う機関です。

(1)出願の資格

 人物・学業ともに優れ,かつ健康であって,経済的理由により著しく修学に困難があり,奨学金の貸与が必要であると認められた者に限ります。

(2)奨学金の種類等

【学部学生を対象】

奨学金の種類 募集時期 貸与始期 貸与期間 貸与月額 備考
第一種 予約採用 (入学前) 4月 最短修業年限の終期まで 自宅通学者
45,000円又は30,000円
自宅外通学者
51,000円又は30,000円
無利子
在学採用 4月 4月
第二種 予約採用 (入学前) 4月 3万・5万・8万・10万・12万から選択 有利子
在学採用 4月 本人の希望月

 【大学院学生を対象】

奨学金の種類 募集時期 貸与始期 貸与期間 貸与月額 備考
第一種 予約採用 前年度の9月 4月 最短修業年限の終期まで 修士課程
88,000円又は50,000円
博士課程
122,000円又は80,000円
無利子
在学採用 4月 4月
第二種 予約採用 前年度の9月 4月 5万・8万・10万・13万・15万から選択 有利子
在学採用 4月 本人の希望月

入学時特別増額貸与奨学金(有利子) 10万・20万・30万・40万・50万円のうちから選択
 1年次において,第一種奨学金の貸与を受ける者と,入学年月を貸与始期として第二種奨学金の貸与を受ける者は,希望により,初回振込時に貸与月額に増額して貸与することができます。

(3)出願の手続

 募集案内は掲示でお知らせします。出願を希望する者は説明会に出席して必要書類を受領し,指定された期限までに学務部学生課窓口へ提出してください。(期限後は受付しません。)

(4)奨学生の採用

 奨学生の採用決定時期は掲示でお知らせし,選考結果通知を学生課窓口でお渡しします。採用者には初回入金後,学務部学生課窓口において「奨学生証」・「奨学生のしおり」・「返還誓約書」等を配付します。

(5)奨学金の交付

 奨学金は、毎月11日頃(4・5月分は「奨学生のしおり」参照)に指定の銀行預金口座に振り込まれます。初回の振込は予約採用は5月もしくは6月,在学採用は7月の予定です。

(6)奨学金の継続手続

 奨学生は毎年,インターネットにより「奨学金継続願」を提出しなければなりません。パスワード配付時期や提出期限等については掲示でお知らせしますので,必ず手続きしてください。なお,期限までに提出しない場合は,奨学生の資格を失うことになります。

(7)奨学金の停止・廃止

 学業成績が著しく不振又は修得単位数不足の場合,あるいは学校内外の規律を乱した場合は奨学金を一定期間停止又は廃止することもありますので,常日頃から学業に励むよう心掛けてください。

(8)異動の届出

 退学,休学,復学,留学,辞退等の異動(奨学生としての資格に変更)があった場合や,銀行口座,住所,電話番号等の変更があった場合は,速やかに学務部学生課に届け出て,所定の手続きをとらなければなりません。

(9)奨学金の返還・猶予・免除

@ 満期,辞退,廃止等で貸与が終了した場合は,所定の方法で返還しなければなりません。
A 貸与終了後に,引き続き在学(又は進学)する場合は,「在学届」を提出することにより在学中は返還が猶予されます。また,入学前在学校(高専等)で日本学生支援機構奨学生であった学生は,入学後「在学届」を提出してください。
B 奨学金の返還中に災害や傷病などのやむを得ない事情で返還困難になった場合は,速やかに願い出ることによって返還の期限が猶予されることがあります。
※ 貸与終了後「返還誓約書」を提出しないと,猶予を認められない等の不利益を受けることになります。必ず提出してください。

(10)その他

@ 奨学生への連絡事項は,すべて掲示により周知します。所属学部の掲示板や,学生センター内の掲示板に掲示しますので随時確認してください。
A 家計の急変(主たる家計支持者が失職,破産,事故,病気若しくは死亡等又は火災,風水害等)で奨学金を緊急に必要とする場合は
  「緊急採用(第一種)」・「応急採用(第二種)」の申込を随時受付しています。希望者は学務部学生課窓口へ問い合わせてください。

参考 日本学生支援機構ホームページ奨学金情報  http://www.jasso.go.jp/shougakukin/index.html

2.弘前大学生活支援奨学金について

 弘前大学では,一時的に経済的理由により生活が困難な学生に対し,生活費に充てる奨学金を貸与しています。(但し,非正規学生及び留学生を除きます。)
 詳細については,学務部学生課へお問い合わせください。
  • (1) 奨学金の額は,一人10万円を上限とし,貸与回数は,原則として1回とします。

  • (2) 奨学金の貸与を希望する者は,担任教員の同意を得て「弘前大学生活支援奨学金貸与願」を学務部学生課窓口へ提出してください。
        「弘前大学生活支援奨学金貸与願」用紙も学務部学生課にあります。

  • (3) 奨学金は原則として一括交付し,無利子です。

  • (4) 返還は,奨学金の貸与を受けた月の翌月から起算して6ヶ月経過した後,
        一括又は月賦(20回を限度)の方式により在学中に返還しなければなりません。

3.その他の奨学(育英)団体

 日本学生支援機構のほか,地方公共団体や民間団体等が行う奨学金制度もあります。
 奨学生の募集時期は4月から5月に集中していますが,大学に募集の依頼があるもの,公報等で募集し,直接本人が出願するものなど取り扱いが一律でありません。
 出願希望者は,事前に学務部学生課窓口か出身地の都道府県や市町村の教育委員会又は団体に問い合わせてください。現在,本学が取り扱っている奨学団体は約20団体あります。
 なお,日本学生支援機構との重複採用を禁じている奨学団体もありますので注意してください。

【参考】平成22年度に弘前大学へ募集の案内があった奨学団体名
 ※詳細(募集時期・出願条件等)は募集案内が届き次第,掲示でお知らせします。

 石川県,茨城県,富山県,新潟県,福島県
 青森市,豊田市,八戸市,弘前市,
 アキレス育英会,あしなが育英会,韓国教育財団,清川秋夫育英奨学財団,
 栗林育英学術財団,公益信託池田育英会トラスト,交通遺児育英会,
 社会福祉法人さぽうと21,常磐奨学会,中村積善会,日本通運育英会,
 メディアインターナショナル株式会社,ヤマハ発動機スポーツ振興財団,吉原育英会

奨学金に関する詳細及び必要な手続等については,下記担当に問い合わせください。

対象学生 窓 口
 文京キャンパスの学生  学務部学生課
 生活支援グループ奨学金担当 (TEL:0172-39-3135)
 医学部医学科1年生
 医学部保健学科1年生
 医学部医学科2年以上・
 医学研究科学生
 医学研究科学務グループ
 医学部保健学科2年以上・
 保健学研究科学生
 保健学研究科学務グループ

弘前大学 〒036-8560 弘前市文京町1番地 電話:0172-36-2111(代表)
Copyright (C) 2007 Hirosaki University. All Rights Reserved.