新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

「附属図書館ラウンジトーク」で佐藤学長がトーク

 弘前大学では4月22日(水)、「第1回附属図書館ラウンジトーク」を附属図書館2階アクティブ・ラーニング・エリアで開催し、学生、教職員、一般市民ら約80名が参加した。
 このラウンジトークは本学の教職員、学生等を講師とし、附属図書館を利用する学生、教職員、一般市民を対象に弘前大学や青森のことをもっと知ってもらおう、教員の研究を知ってもらおうと今年度から企画したイベントであり、昨年10月に改修工事に伴い整備したラーニング・コモンズの活性化のために開催したものである。
 第1回目は佐藤敬学長をお迎えして、「学長を知る」をテーマに郡千寿子附属図書館長がインタビューする対談形式で行った。
 佐藤学長は、インタビューの中で、医学部学生時代、ラグビーに打ち込んで常に仲間と切磋琢磨したことや休日の過ごし方についてお話しされた。また、「大学卒業後、研究の道に進んだことが人生の分岐点であり、臨床に行かなかったことが、今につながっていると思う。研究を選択したことが失敗だったとは一度も思ったことはない」と話され、学生に対しては「いろいろな経験をしてほしい。キャリアは必然的に後からついてくるもの。グローバルに活躍するには国際感覚を身につけてほしいが、自分のアイデンティティも確立してしっかり持ってほしい」とメッセージを送った。終了後、学生からは「学長が身近に感じられた」「弘前大学に愛着を感じた」などの感想が寄せられた。
 このラウンジトークは祝日を除く毎週水曜日に開催し、今後、附属図書館職員による「図書館を知る」、加藤健理事・副学長による「副学長を知る」、教育学部教員による「研究を知る」などを予定している。

「附属図書館ラウンジトーク」で佐藤学長がトーク

「第1回附属図書館ラウンジトーク」に参加した生徒たち

ページ上部へ戻る