新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

弘前大学高大連携事業“ひろだい・ナビゲ→ト・キャラバン”を開催しました

 去る9月12日(土),八戸市商工会議所において,“ひろだい・ナビゲ→ト・キャラバン”を開催しました。
 この事業は,高校生が「学ぶこと」の魅力を発見し,学びの楽しさを知っていただくことや将来の夢を考え・描くきっかけづくりを提供すること,ひいては青森県の高校教育への貢献につながることを目的に,弘前大学が全学規模で県内の主要な地域に出かけていき,大学ならではの企画を行う新たな試みです。
 初回の今年度は,地理的に遠い八戸地区を重点地域に位置づけ,弘前大学との関係強化を目指し,大学全体紹介,公開模擬授業,進学相談会,高校教員との意見交換会といった様々な催しを行いました。
 当日は,八戸市と周辺地域の各高校から延べ200人近くの高校生や教員,保護者が参加し,模擬授業を受けた高校生からは,「興味がわいた,勉強がしたくなった」の感想があり,進学相談会会場では学部毎に設けられたブース毎に学部の特徴を質問したり,将来の進路の相談を熱心に行っていました。
 また,「高校教員と弘前大学との意見交換会」会場では,学長を囲み高大連携の展望等について和やかに意見を交わし,連携が一層深まりました。
 全体をとおし,高校生にとっては,大学の学びを体験し,弘前大学をより身近に感じてもらうよい機会となり,来年以降も事業の開催を望む声が多く寄せられ,有意義な1日となりました。

意見交換会

学長・理事

進学相談

全体2

日比野先生

ページ上部へ戻る