新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

在札幌米国領事 弘前大学を訪問

 在札幌米国総領事館のハービー・ビーズリー領事が,平成27年11月18日(水),弘前大学を訪問しました。同氏は,2015年8月に在札幌米国総領事館 広報文化交流担当領事として着任。アメリカで日本語の学士号を取得し,学部生の時に交換留学生として名古屋や横浜で学んだ経歴を持ち,日本とは深い親交があります。
 佐藤学長を表敬訪問した後,イングリッシュ・ラウンジを訪れたハービー領事は,アメリカから留学中の学生と懇談し,大学生活の様子や今後の夢について語り,会話が弾んでいました。
 その後,農学生命科学部附属生物共生教育研究センター(藤崎農場)を訪れ,収穫の時期を迎えたりんごの収穫体験をしました。弘前大学で開発された品種など,たっぷり蜜の入った果実を収穫するというめったに出来ない貴重な体験を楽しみ,今後もアメリカとの友好関係が継続・発展することを期待して大学を後にしました。

佐藤学長を表敬訪問(左から二人目が領事)※写真1

イングリッシュ・ラウンジで学生と懇談 ※写真2

ページ上部へ戻る