新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

浪江町 弘前大学 連携協定締結5周年記念講演会のお知らせ(9月29日開催)

 弘前大学は,平成23年3月11日の東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故により町内の約半分が警戒区域に指定され,町民のほとんどが避難を余儀なくされた福島県浪江町と同年9月29日に連携に関する協定を締結し,町の復興に向けこれまで様々な支援活動を行ってきました。
 この度,連携協定締結から5周年を迎えることとなり,下記のとおり記念講演会を開催する運びとなりました。
 講演会では,弘前大学の支援活動の概要の紹介とともに,福島県浪江町 馬場 有 町長をお招きし,「浪江町の復興の現状」についてご講演いただく予定です。
 ぜひ多くの方々に浪江町の現状と復興活動についてご聴講いただきたく,ご案内申し上げます。

                 記

【日 時】 平成28年9月29日(木)17時30~19時00分

【場 所】 弘前大学医学部基礎大講堂

【対 象】 教職員,学生,一般の方

【演 題】 「弘前大学による福島県浪江町復興支援活動の概要」
        福島県浪江町復興支援プロジェクトワーキンググループ委員長
       (弘前大学被ばく医療総合研究所教授) 床次 眞司

      「浪江町の復興の現状」
        福島県浪江町長  馬 場  有

【主 催】 弘前大学放射線安全総合支援センター

【その他】 入場無料,事前申込みは不要です。お気軽にご参加ください。

【問い合わせ先】
 弘前大学被ばく医療総合研究所事務室
 TEL:0172-39-5401
 E-mail:jm5401@hirosaki-u.ac.jp

20160929
20160929map

ページ上部へ戻る