新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

「弘前×フランス」週間  Semaine Française de Hirosakiのお知らせ(9月26日開催)

 地域と大学の相互活性化、「学びのキャンパス」としてまちを育てていくことを目標として実施してきた「弘前×フランス」プロジェクトも、本年度で3年目となりました。昨年度よりスタートした「弘前×フランス」週間を新規企画を含め9/18より実施致します。
 なかでも、クロージングとなる9/26のフランスからのゲストを招いてのトーク・セッションは、過密なスケジュールで国際的に活躍するゲスト(パスカル・ガルブ氏)のご都合で、平日夜の開催となりましたが、多数のご参加をお待ちしております。
 ガルブ氏は佐藤袋店との交流と連携で何度か来弘されていますが、COP10、COP21でのマーキングりんごの演出で国連とのパイプがあり、この時期に招聘できたことは、ユネスコの世界農業遺産の来年度認定に向けて働きかけをすすめている弘前市(青森県)にとって、深い意義があると考えています。
 中三ガレリアでの「マーキングりんごの日仏交流写真展」もトークセッションと関連を持たせて展示しておりますので併せてお運び下さい。
 

まちなかトーク・セッション:「弘前×りんご×フランス」vol.2

【日時】2016年9月26日(月) 18:00~20:00(開場17:30)

【会場】土手町コミュニティパーク

【ゲスト】
・Pascal GARBE氏(Directeur Général des Jardins Fruitières de Laquenexy)
 モーゼル県ラクネクシー・フルーツガーデンCEO(最高経営責任者)、国際ガーデンツーリズム協会副会長、その他国際的ガーデンショー、コンクール等で審査員を務める園芸家

・佐藤 義博氏(「佐藤袋店」代表取締役)
 GARBE氏とタイアップし青森のリンゴ産業に貢献する企業家

・進行…國枝 孝弘氏(慶應義塾大学総合政策学部教授・元NHKテレビ/ラジオフランス語講座講師)
      
【参加料】無料

【対象】一般市民・学生・教職員、多数のご参加をお待ちしております。

【問い合わせ先】弘前大学人文社会科学部 地域未来創生センター
        住所:青森県弘前市文京町1 電話:0172-39-3198
        E-mail:irrc@hirosaki-u.ac.jp 平日10:15~17:00

※その他、「弘前×フランス」週間に関する情報は、下記をご覧ください。

20160926

ページ上部へ戻る