新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

「ホームカミングディ2016 in 弘前大学」を開催

 弘前大学では、去る10月22日、弘前大学同窓会及び後援会のご支援を受け、「ホームカミングディ2016 in 弘前大学」を開催しました。
 「ホームカミングディ」は、弘前大学の卒業生、修了生、そして在学生・教職員のご家族の方々に、弘前大学の教育・研究活動を知っていただくことで、相互交流と親睦を深めるためのイベントで、今年で第2回目となります。
 はじめに、佐藤学長から弘前大学の近況について報告があり、定員を上回る89名の参加者が、地域活性化の拠点として発展し続けている弘前大学の「今」に聞き入りました。また、当日は総合文化祭の開催期間中でもあり、ホームカミングディ参加者のために初めて設けられたテラス席から「よさこい弘大」を見学し、若い学生達の沸き立つような演舞に寒さを忘れて見入っていました。
 午後からは、遠藤前学長による「キャンパスツアー」が行われ、普段は聞くことができない弘前大学の歴史をたどる貴重な講話に、参加者らは感嘆の声を上げながら先達の偉業に耳を傾けるとともに、弘前大学の誇りを再認識していました。
 今年度も、弘前大学同窓会の協力により、八戸地区から無料シャトルバスが運行され、同窓会関係者や在学生のご家族などに利用していただきました。リニューアル工事が完成した事務局棟や附属図書館を見学し、新しく生まれ変わったキャンパスの姿に弘前大学の変化を感じ取っていました。

佐藤学長による「大学近況報告」

前学長によるスペシャルキャンパスツアー

ページ上部へ戻る