新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

【12月9日】犯罪被害者遺族講演会「最愛の娘を奪われて ~事件後、遺族にもたらすもの~」のお知らせ

1.日 時 : 2017年12月9日(土) 13:30~15:00

2.場 所 : 弘前大学人文社会科学部棟4階多目的ホール

3.対 象 : 本学教職員、学生、一般の方等どなたでも(参加無料)
       ※事前申し込みは不要です。

4.講 師 :山内 久子 氏(秋田看護福祉大学教授、あおもり被害者支援センター理事)

◆講師プロフィール◆

1995年10月、当時大学3年生であった長女は同じ大学の男子学生にストーカー行為を受け、刃物により殺害された。

事件後数年間は家族の中でしか悲しみ・苦しみ・悔しさ等を共有できなかった。しかし、事件後6年を経て看護関係の専門誌『看護教育』に手記を投稿したことが契機となり、他の殺人事件の被害者遺族と初めて話し合うことが出来た。その後、内閣府、警察本部犯罪被害者支援室、被害者支援センター、少年院、地方検察庁、看護学校等からの依頼を受け講演活動を行っている。

5.主 催 : 弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター
  後 援 : 青森家庭少年問題研究会

問い合わせ先 : 弘前大学人文社会科学部 平野 潔
電 話 : 0172-39-3199
E-mail : k-hirano@hirosaki-u.ac.jp

ページ上部へ戻る