新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

オアハカ州立自治ベニートフアレス大学(メキシコ合衆国) 短期学生交流プログラム修了式

 平成30年4月26日(木)、メキシコのオアハカ州立自治ベニートファレス大学短期学生交流プログラム修了式が行われました。修了式では、杉原国際連携本部長より、本プログラムにより来学したベニートフアレス大学生2名にプログラム修了証書が授与され、学生たちは関わったすべての皆様への感謝の言葉を述べました。
平成28年5月13日に大学間交流協定を締結したメキシコ合衆国のオアハカ州立自治ベニートフアレス大学との間で、平成29年度から1ヶ月間の短期学生交流プログラムが開始され、今年度は平成30年4月8日から3週間で受入プログラムが行われました。
 学生たちは滞在期間中、午前中は日本語基礎実習、午後は日本の伝統スポーツやグローバル社会・経済等の選択クラスに参加し、実践的な日本語、日本の社会の仕組みについて学びました。また、様々なアクティビティにも参加し、弘前桜祭りでは、弘前でできた多くの友人たちと満開の桜を楽しみました。
この3週間で、本学学生・留学生,教職員,及び地域の皆様など多くの皆様と交流があり、大変充実した日々を過ごしました。

ページ上部へ戻る