新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

弘前大学農学生命科学部 前多隼人准教授が第13回 J.Oleo Sci. Impact Award(2018)を受賞

 食料資源学科所属 前多隼人准教授がフコキサンチンの抗肥満、抗糖尿作用について解説した論文が、第13回 J. Oleo Sci. Impact Award(日本油化学会インパクト賞)を受賞しました。
 本賞は、2015~16年の日本油化学会英文誌 Journal of Oleo Scienceに掲載された全論文の中で他誌への引用率が最も高い論文に贈られる賞です。

◇受賞論文は以下のとおりです。
 Nutraceutical Effects of Fucoxanthin for Obesity and Diabetes Therapy: A Review
 J. Oleo Sci., Vol. 64, No.2, pp.125-132 (2015)

◇13th J. Oleo Sci. Impact Award(日本油化学会インパクト賞)については、以下をご覧ください。
 http://www.jocs-office.or.jp/impact.html

ページ上部へ戻る