弘前大学

「放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点」が始動、研究テーマの公募受付開始

◇プレスリリース全文はこちら
◇公募要項はこちら

 国立大学法人筑波大学 アイソトープ環境動態研究センター(CRiED)、国立大学法人福島大学 環境放射能研究所(IER)、国立大学法人弘前大学 被ばく医療総合研究所(IREM)、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 福島研究開発部門福島環境安全センター(JAEA福島環境安全センター)、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 量子医学・医療部門高度被ばく医療センター福島再生支援研究部(QST福島再生支援研究部)、国立研究開発法人国立環境研究所 福島支部(国環研福島支部)の6つの研究機関は、放射性物質の移行過程の研究解明とその影響を評価するとともに、福島の環境回復の様々な課題の解決に資することを目的とした、機関横断的連携による「放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点(以下、「共同研究拠点」)」を設置し、文部科学大臣の認定を受け、2019年4月1日から活動を開始することとなりました。
 共同研究拠点の取り組みとして、国内外の研究員の受け入れおよび公募を通じて、研究の推進や若手
研究者の育成を行うことにより、世界的な環境放射能研究のハブとしての機能を担います。これらの活動を行うために、4月10日より共同研究の公募を開始します。

【研究テーマの公募】
本共同研究拠点では、放射能環境動態・影響評価に関する研究テーマを公募します。概要は以下の通りです。詳しくは別紙「2019年度 放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点 共同研究の募集 募集要項」および「放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点」ホームページ(http://www.ied.tsukuba.ac.jp/ernc/)をご覧ください。

(1) 公募する研究テーマ
 ① 若手共同研究
 ② 重点共同研究
 ③ 海外共同研究

(2) 公募する研究テーマ数
  ①~③の合計で70件程度を予定しています。

(3) 研究テーマの審査・採択
 申請いただいた研究テーマについて、共同研究拠点の選定委員会(委員の半数以上は共同研究拠点の参加機関以外から招聘しています)において、厳正な審査を行い、研究テーマを採択します。

(4) 研究テーマへの助成
 研究テーマ1件あたり、旅費や消耗品等の補助として、20-30万円程度の助成を行ないます。

(5) スケジュール
 ●公募締切:2019年5月10日(金)
 ●審査結果の通知:2019年5月20日(月)以降
 ●採択された研究の実施:審査結果の通知日~2020年3月末日

【本学問合わせ先】
弘前大学 被ばく医療総合研究所 共同研究拠点担当
〒036-8564 青森県弘前市本町66-1
E-mail: jm5401@hirosaki-u.ac.jp
Tel: 0172-39-5401 Fax: 0172-39-5514

弘前大学IREM:http://www.irem.hirosaki-u.ac.jp/

弘前大学 弘前大学COI研究推進機構 弘前大学 COCホームページ 弘前大学 研究・イノベーション推進機構 弘前大学 地域創生本部 弘前大学 放射線安全総合支援センター 弘前大学出版会 弘前大学男女共同参画推進室 弘前大学資料館 弘前大学 ボランティアセンター 弘前大学 教員免許状更新講習 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性・資源を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学教育情報
弘前大学 イベントカレンダー 国立大学法人弘前大学 弘前大学基金 弘前大学 フォトギャラリー 弘前大学 キャンパスツアー
ページ上部へ戻る