新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

【7月19日】「令和元年度弘前大学被ばく医療プロフェッショナル修了後研修」講演会 開催のお知らせ

このイベントは終了しました

 本学では平成22年度から,被ばく医療に即応可能な人材育成プログラム「被ばく医療プロフェッショナル育成計画」の実施と体制整備に取り組んでおり,その一環として,このたび標題の講演会を下記のとおり開催いたします。
 放射線健康管理に関する福島の現状,被災者や地域の方々のニーズの多様化やその中で求められる支援のあり方,放射線の健康影響など,被ばく医療に関する知見を深める良い機会となっておりますので,興味のある方はお気軽にご参加ください。

【開催日】 令和元年7月19日(金) 14:00~15:05

【開催場所】 保健学研究科F棟1階 大学院講義室1(弘前市本町66-1)

【タイトル】 「東京電力福島第一原子力発電所事故による放射線に係る住民の健康管理・健康不安対策について」

【講   師】 笠松 淳也 氏(環境省大臣官房環境保健部放射線健康管理担当参事官)

【対   象】 学生・教職員どなたでも(申し込み不要)

【共   催】 弘前大学大学院保健学研究科被ばく医療人材育成推進委員会
 放射線リスクコミュニケーション教育部門
 弘前大学被ばく医療総合研究所

◎お問い合わせ先
 弘前大学保健学研究科 総務グループ 桑田
 e-mail:kuwata@hirosaki-u.ac.jp Tel:0172-39-5518 Fax:0172-39-5912

ポスター

イベントカテゴリー 講演会等
開催日 2019年07月19日
開催場所 本町キャンパス
ページ上部へ戻る