新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

【学内向け】令和3年度 安全衛生講習会を開催(実験室関係者対象)

 NPO法人 研究実験施設・環境安全教育研究会(REHSE) 理事長 大島 義人 講師による、「実験研究現場の安全のために」と題した講演で、事故統計・安全の難しさ・化学物質にリスクのほかに、本学から要望した課題、「ヒヤリハットの事例・防止策」「作業環境測定有効化」も取り入れてもらうよう事前に伝え、実のある講習となりました。また、昨年度に引き続き、ある化学物質のレーダーチャート筆記演習もを交え、効果的なご指導をいただきました。

【日時】
令和3年6月2日(水) 14:30~15:30

【テーマ】
「実験研究現場の安全のために」
1.安全の難しさ
2.化学物質のリスク
 ①化学物質はなぜ危ないのか?
 ②事故事例から学ぶこと
 ③”備え”の重要性

【開催方法】
Teamsによるオンライン形式

【講師】
NPO法人 研究実験施設・環境安全教育研究会(REHSE) 理事長 大島 義人 講師

【参加人数】
115人 (アプリ参加履歴より) 

資料1(抜粋)
資料2(抜粋)
資料3(抜粋)
資料4(抜粋)
ページ上部へ戻る