新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

特定プロジェクト教育研究センター 「北日本考古学研究センター」「地域未来創生センター」の看板上掲を行いました

 6月10日(火)、今井人文学部長、関根北日本考古学研究センター長により「北日本考古学研究センター」の看板が上掲されました。北日本考古学研究センターは、亀ヶ岡文化研究センターの機能を発展・強化させる目的で、2014年4月に弘前大学特定プロジェクト教育研究センターとして人文学部に新設されました。同センターは、文化財科学を中心に、古環境学、地球科学、農学の多領域にまたがる文理融合的な研究機能を拡大し、今後、北日本の考古学研究の中心的役割を果たすことを目指します。

 同日、今井人文学部長、李地域未来創生センター長により「地域未来創生センター」の看板が上掲されました。地域未来創生センターは、雇用政策研究センターの活動を母体として2014年4月に弘前大学特定プロジェクト教育研究センターとして人文学部に新設されました。同センターは、文化資源の開拓と地域文化の活用、地域づくり総合研究、震災復興・災害研究等、幅広い領域をカバーする研究組織として、今後、地域が抱える課題解決の方策を探っていきます。

DSC_0945

1b9064191542811a6c9b0cfd0c09b260

ページ上部へ戻る