新刊のご案内

新刊

写真サムネイル:暗号技術を支える数学
暗号技術を支える数学
長瀬智行・吉岡良雄・別宮耕一  共著
定価 本体2,400円+税
発行 2020年9月30日

書籍詳細へ

新刊

写真サムネイル:弘前大学レクチャーコレクション 学びの世界へようこそ
弘前大学レクチャーコレクション 学びの世界へようこそ
弘前大学出版会 編
定価 本体1,600円+税
発行 2020年3月19日

書籍詳細へ

新刊

写真サムネイル:知の散歩シリーズ2「福島に学ぶー放射線総合科学の展開を目指して」
知の散歩シリーズ2 福島に学ぶ 放射線総合科学の展開を目指して
嶋 昭紘 監修 柏倉幾郎 編著
定価 本体1,500円+税
発行 2020年3月2日

書籍詳細へ

新刊

写真サムネイル:青森からはばたく!! じょっぱり起業家群像Ⅰ
青森からはばたく!! じょっぱり起業家群像Ⅰ
森樹男・髙島克史・大倉邦夫・熊田憲 編著
定価 本体1,500円+税
発行 2019年10月31日

書籍詳細へ

新刊

写真サムネイル:人口80万人時代の青森を生きる
人口80万人時代の青森を生きる ―経済学者からのメッセージ―
李 永俊・飯島裕胤 編著
定価 本体2,500円+税
発行 2019年10月11日

書籍詳細へ

新刊

写真サムネイル:電気系の複素関数入門〈第2版〉
電気系の複素関数入門〈第2版〉
吉岡良雄・長瀬智行 共著
定価 本体2,500円+税
発行 2019年9月27日

書籍詳細へ

新刊

写真サムネイル:通信工学~情報メディアの基盤を支える技術~
通信工学 ~情報メディアの基盤を支える技術~
吉岡良雄・長瀬智行 共著
定価 本体2,000円+税
発行 2019年8月23日

書籍詳細へ

新刊

写真サムネイル:教科書と一緒に読む 津軽の歴史
教科書と一緒に読む 津軽の歴史
小瑶 史朗・篠塚 明彦 編著
定価 本体1,700円+税
発行 初版第1刷2019年7月31日
     第2刷2019年10月29日
     第3刷2020年1月20日

書籍詳細へ

編集者イチオシ

人口80万人時代の青森を生きる ―経済学者からのメッセージ―
<編集者イチオシ!> 『人口80万人時代の青森を生きる』は、人口減少に転じた日本社会の行く末を、地方(自治体の)消滅と予測した増田寛也のベストセラー『地方消滅-東京一極集中が招く人口急減』(2014)の提言を真摯に受け止めた、地方在住の7名の経済学者たちによる応答であると言えます。  青森県は、早ければ2040年代前半にも、現在の人口125万人から3割も少ない80万人時代に突入することが予測されています。執筆者たちはそれぞれの専門の立場から緻密なデータ分析に基づいて、来るべき人口80万人時代を「強く、豊かに」生きていくための「手がかり」と「道しるべ」を提供してくれます。  本書は、新型コロナウイルス禍の中で大都市の脆弱性があらわになった今こそ読まれるべき、地方の新たな可能性を追求した希望の書です。
(担当編集員:澤田真一)

李 永俊・飯島裕胤 編著

書籍詳細へ

青森の文学世界 〈北の文脈〉を読み直す
<編集者イチオシ!>  私が東京で学生だった頃、太宰治の自己破滅型の小説や、寺山修司の前衛的美の世界に衝撃を受け、このような独特な芸術家が誕生した青森に憧憬を覚えていました。また、その後に「青い山脈」「若い人」などを読み、石坂洋次郎という作家を知ることになりました。それらの小説には明るく健全でさわやかな青春群像が描かれていました。
 私が抱く青森のイメージは暗い曇天から輝く晴天へと変貌し、青森の芸術が持つ陰影の濃さ、振り幅の大きさ、奥行きの深さに驚嘆したものです。美術の世界においても棟方志功や奈良美智などの著名な画家を排出しています。民藝運動の巨匠と現代アートの旗手による激しいコントラストが共在する青森。おそるべし。
 本書は北の青い森の世界をイメージした装丁となっています。中を開けば、森の深緑へ差し込む探求の光芒が8名の文学者の魅力を照らしています。「青森の魅力」「文学の魅力」「作家の魅力」を堪能することができる一冊です。ぜひお手にとって一読ください。
             (担当編集員:佐藤光輝)
郡 千寿子・仁平 政人 編著

書籍詳細へ