書籍案内

ここから本文です

地方都市とローカリティ ー弘前・仕事・近代化ー

  • 杉山祐子・山口恵子 著
  • A5判・306頁・並製
  • 定価 3,520円(本体価格3,200円+税)
  • ISBN 978-4-907192-37-2
  • 発行 2016年3月15日

地方都市の時間における仕事・暮らしのダイナミックな変化を浮き彫りにした待望の本格的研究!

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 まちの佇まいは、そこに暮らす人々の仕事、家族、人生におけるそれぞれの営み、そしてまちの産業といった異なる時間軸が交差するところに立ち現れる——。本書は、旧城下町の歴史をたもちつつ常に外からの人や機関の流入に応じて変化し続けてきた地方の「まち」、青森県弘前市における「近代化」と「ローカリティの生成・再編」の過程を、6年間にも及ぶ綿密な社会学・人類学的フィールドワークおよびデータ検証を通じて明らかにする。
 中心市街地の自営業商店、ものづくりの職人、工務店・建築会社、タクシー会社において、いかにして近代化がすすめられ、「まち」としてのアイデンティティが形成・再編されてきたのか。人々の地域間移動、イエの継承、ニーズの変化への対応など、多様な問題が社会学・人類学的理論と手法により鮮明に映し出される。地方都市の時間における仕事・暮らしのダイナミックな変化を浮き彫りにした待望の本格的研究!

目次

まえがき

序 章 本書の目的と方法
 1 研究目的
 2 研究の枠組み
 3 研究対象と方法
 4 本研究の意義
 5 使用する概念について
 6 本書の構成

第1章 旧城下町・弘前の概要
 1 地勢と人口
 2 産業・労働の動向
 3 弘前の歴史的変化
 4 小括

第2章 中心市街地の自営業商店
 1 本章の目的と方法
 2 弘前市の中心商店街の概要
 3 中土手町と松森町の変化
 4 店の創業時期とその背景
 5 店の継承とその特徴
 6 小括

第3章 ものづくりの職人 
 1 本章の目的と方法
 2 弘前市の製造業
 3 時代の変化への職人の対応
 4 職人の生産・販売品目ヒストリー
 5 職人のライフヒストリー
 6 小括

第4章 工務店・建築会社
 1 本章の目的と方法
 2 住宅産業の変遷
 3 弘前市の住宅産業
 4 機械化の浸透と対応
 5 営業基盤の2つの方向性
 6 小規模工務店の相互協力
 7 仕事と技術の習得過程
 8 小括

第5章 タクシー会社
 1 本章の目的と方法
 2 タクシー産業の動向
 3 弘前市のタクシー産業
 4 現在の弘前市におけるタクシーの動き
 5 タクシー業界で働くまで
 6 タクシードライバーという仕事
 7 小括

終 章 結論
 1 本章の構成
 2 都市の時間の経過
 3 コミュニティの時間の経過
 4 都市・コミュニティの時間と産業の時間の経過
 5 家族の時間と個人の時間
 6 時間軸の共時化とローカリティの生成

参考文献・文献
あとがき

【カテゴリー】社会科学 , 社会・民俗・風習 , 書籍 ,