書籍案内

ここから本文です

青森の文学世界 〈北の文脈〉を読み直す

  • 郡 千寿子・仁平 政人 編著
  • 四六判・上製・424頁
  • 定価 本体3,000円+税
  • ISBN 978-4-907192-79-2
  • 発行 2019年9月27日

青森ゆかりの作家、著述家たちが創造した
豊饒なる文学世界を一望に収める、
画期的な研究論集!

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

近代以降、青森県は多くの優れた文学者を輩出してきた。本書は、青森出身の著名な文学者の中でも、陸羯南、佐藤紅緑、秋田雨雀、葛西善蔵、高木恭造、石坂洋次郎、今官一、三浦哲郎という8名を取り上げて、その活動や作品についてアプローチを行った論集である。文学研究・日本語学・国語教育など多様な立場に基づく本書の各論考は、個々の文学者に対する見方を更新し、その魅力や可能性を、それぞれ新たな角度から示している。その意味で本書は、研究書として意義を持つだけでなく、青森や文学に関心を持つ全ての人を「青森の文学世界」に誘う一冊となるだろう。
巻末には、青森にかかわる文学者を幅広く紹介する「青森文学案内」を収録。

目次

はじめに ・・・・・・・・・・・・ 仁平 政人
Ⅰ 陸 羯南 ・・・・・・・・・ 舘田 勝弘
Ⅱ 佐藤 紅緑 ・・・・・・・ 山田 史生
Ⅲ 秋田 雨雀 ・・・・・・・ 尾崎 名津子
Ⅳ 葛西 善蔵 ・・・・・・・ 竹浪 直人
Ⅴ 高木 恭造 ・・・・・・・ ソロモン・ジョシュア・リー
Ⅵ 石坂 洋次郎 ・・・・・ 森 英一 / 郡 千寿子
Ⅶ 今 官一 ・・・・・・・・・ 仁平 政人
Ⅷ 三浦 哲郎 ・・・・・・・ 鈴木 愛理
Ⅸ 青森文学案内 ・・・  櫛引 洋一
あとがき ・・・・・・・・・・・  郡 千寿子

【カテゴリー】人文科学 , 文学 , 新刊のご案内 , 書籍 ,