書籍案内

ここから本文です

Radiation Environment and Medicine Vol.9 No.2

  • Radiation Environment and Medicine 編集委員会編
  • A4変形判・pp. 47-110・並製
  • 定価 1,210円(本体価格1,100円+税)
  • ISSN 2423-9097
  • 発行 2020年8月28日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

 弘前大学は、原子力関連施設を擁する地域的な背景を踏まえ、平成 20 年度から被ばく医療体制の整備、被ばく医療に関わる教育・研究ならびに人材育成に取り組み、これまで多くの成果をあげてきました。東日本大震災後の原発事故対応ではこの成果が避難所での支援活動や様々な学術調査などの社会貢献につながり、こうした被ばく医療への取り組みは弘前大学の意欲的かつ特色ある事業の一つとなっております。 また平成 27 年に原子力規制委員会から原子力災害医療に対応する施設として「高度被ばく医療支援センター」及び「原子力災害医療・総合支援センター」に指定され、平成30年度末には指定更新を受けて引き続き両センターの活動を継続する事となりました。
 これまでの弘前大学による被ばく医療関連の人材育成事業の一環として平成24年3月に刊行を開始した被ばく医療に関する学術誌 Radiation Emergency Medicineは、第5巻1号から、より広い分野からの投稿に対応する目的で、誌名をRadiation Environment and Medicineに改めました。
 第9巻2号には、放射線生物影響、放射線計測等の9報の論文が掲載されております。
今後も、放射線防護、線量評価、生物影響、放射線計測、被ばく医療教育、放射化学分析、放射線看護、疫学調査、臨床研究など放射線科学の幅広い分野にわたる論文を掲載していく予定です。
皆様からの投稿をお待ちしております。
 

目次

Review
Radiation Emergency Medicine Strategies Based on the Classif ication and Analysis of Nuclear and Radiological Emergencies
Seokki Cha, Takakiyo Tsujiguchi, Sang Tae Kim, Young-woo Jin,
Changkyung Kim and Minsu Cho

Subtraction Computed Tomographic Angiography and Ultra-high-resolution Computed Tomography: New Era of Vascular Imaging
Ryoichi Tanaka

Estimating the Annual Average Dose to the Public from Ionizing Radiation in Ireland
Kevin Kelleher, Collette O’Connor, Lorraine Currivan, Noeleen Cunningham, Mandy Lewis,
Stephanie Long, Paul McGinnity, Veronica Smith and Ciara McMahon

Regular Article
Environmental Monitoring of 134Cs and 137Cs Levels in Namie Town in 2018 and 2019
Miklos Hegedus, Thamaborn Ploykrathok, Yoshitaka Shiroma, Kazuki Iwaoka, Ryohei Yamada,
Takakiyo Tsujiguchi, Masaru Yamaguchi, Takahito Suzuki, Koya Ogura, Yuki Tamakuma
Hirofumi Tazoe, Naofumi Akata, Masahiro Hosoda, Ikuo Kashiwakura and Shinji Tokonami

Note
Dose Assessment of Radium-226 in Drinking Water f rom Mamuju, a High Background Radiation Area of Indonesia
Eka Djatnika Nugraha, Masahiro Hosoda, Kusdiana, Ilma D Winarni, Ariska Prihantoro,
Takahito Suzuki, Yuki Tamakuma, Naofumi Akata and Shinji Tokonami

An Alternative Approach to Background Radiation Monitoring Using Smartphone-coupled Personal Dosimeter POLISMART in Shimokita Peninsula, Japan
Valerie Swee Ting Goh, Yaeko Yamamoto, Yasushi Mariya, Toshiya Nakamura, Andrzej Wojcik
Shinji Tokonami and Tomisato Miura

Low-volume Electrolytic Enrichment for Tritium Measurement Using Improved Solid Polymer Electrolyte System at NIFS and Its Application
Naofumi Akata, Chie Iwata, Akemi Kato, Masahiro Tanaka, Hirofumi Tazoe, Nagayoshi Shima,
Kimpei Ichiyanagi, Miklos Hegedus, Gergo Bator, Tibor Kovacs and Hideki Kakiuchi

A Comparative Study of the Outdoor Absorbed Dose Rate in Air by IInn-s-siittuu and Soil-sampling-based Measurement Methods
Chutima Kranrod, Supitcha Chanyotha, Phongphaeth Pengvanich, Rawiwan Kritsananuwat,
Masahiro Hosoda and Shinji Tokonami

Report
Development of the System of Radiological Protection and Medical Exposure: Basic Information and Trends
Michiya Sasaki and Toshioh Fujibuchi


Instructions for Authors