書籍案内

ここから本文です

Radiation Environment and Medicine Vol.10 No.1

  • Radiation Environment and Medicine 編集委員会編
  • A4変形判・pp. 1-54・並製
  • 定価 1,210円(本体価格1,100円+税)
  • ISSN 2423-9097
  • 発行 2021年2月26日

一般の書店にてお求めいただけます。(各書店にご注文ください)

弘前大学生協インターネットショッピングにてお求めいただけます。

内容紹介

弘前大学は、原子力関連施設を擁する地域的な背景を踏まえ、平成 20 年度から被ばく医療体制の整備、被ばく医療に関わる教育・研究ならびに人材育成に取り組み、これまで多くの成果をあげてきました。東日本大震災後の原発事故対応ではこの成果が避難所での支援活動や様々な学術調査などの社会貢献につながり、こうした被ばく医療への取り組みは弘前大学の意欲的かつ特色ある事業の一つとなっております。 また平成 27 年に原子力規制委員会から原子力災害医療に対応する施設として「高度被ばく医療支援センター」及び「原子力災害医療・総合支援センター」に指定され、平成30 年度末には指定更新を受けて引き続き両センターの活動を継続する事となりました。
これまでの弘前大学による被ばく医療関連の人材育成事業の一環として平成24 年3 月に刊行を開始した被ばく医療に関する学術誌 Radiation Emergency Medicine は、第 5 巻 1号から、より広い分野からの投稿に対応する目的で、誌名をRadiation Environment and Medicine に改めました。
第 10 巻 1 号には、放射線生物影響、放射線計測等の 7 報の論文が掲載されております。 今後も、放射線防護、線量評価、生物影響、放射線計測、被ばく医療教育、放射化学分析、放射線看護、疫学調査、臨床研究など放射線科学の幅広い分野にわたる論文を掲載していく予定です。

目次

Review
Radioprotective/Mitigative Effects of Thrombopoietin Receptor Agonists
Ikuo Kashiwakura and Masaru Yamaguchi


Regular Article
Estimation of Annual Effective Dose in Namie Town, Fukushima Prefecture due to Inhalation of Radon and Thoron Progeny
Thamaborn Ploykrathok, Koya Ogura, Mayumi Shimizu, Masahiro Hosoda,
Yoshitaka Shiroma, Hiromi Kudo, Yuki Tamakuma and Shinji Tokonami

210Pb and Major Ion Concentrations in Aerosols Collected in Qingdao, a Seaside Area of China
Oumar Bobbo Modibo, Shinji Tokonami, Masahiro Hosoda, Yuki Tamakuma,
Hu Jun, Miklós Hegedu˝s, Eka Djatnika Nugraha, Saïdou,
Hirofumi Tazoe, Naofumi Akata, Yutaka Kanai,
Fumitaka Yanagisawa and Renjian Zhang

Preliminary Survey Measurements of Radon in Egyptian Dwellings by a Passive Technique Using LR-115 Detectors
Ahmed Saad Hussein

Contribution of Childhood Indoor Radon Exposure to Lung Cancer Incidence among Young Adults: A Population-Based Ecological Study in Canada
ing Chen and Lin Xie

Study of Meteorological Influence on the Count of 222Rn and 220Rn Gases and Its Possibility for a Forecasting Gas
T Thuamthansanga, Bijay Kumar Sahoo, Ramesh Chandra Tiwari
and Raghavendra Prasad Tiwari

Report
Radiation Safety and Public Health for Radiological Professionals: Meeting Report on the 5th Educational Symposium on Radiation and Health (ESRAH) by Young Scientists in 2018
Hiroko Yamashina, Marin Terashima, Joma Oikawa, Shingo Naijo, Tamao Miyao,
Yoshie Yachi, Yusuke Matsuya, Masaru Yamaguchi, Takakiyo Tsujiguchi,
Ryo Saga, Hu Jun, Goh Valerie Swee Ting, Toshiya Nakamura,
Yoichiro Hosokawa and Hiroyuki Date

Instructions for Authors